データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ファイルのサルベージ作業とは?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ファイルのサルベージ作業とは?
【サルベージ】(salvage)とは引き揚げる、引き出すという意味で、
コンピューター上では 消えてしまったファイルや機械の故障で読み込めなくなったパソコンや
外付けハードディスク、メモリーカード、CD/DVDディスクなどに保存されていたデータを
壊れた記憶媒体から回収したり、削除された後に残った痕跡から復元して救助する事を指します。

2.5inchのhdd

データサルベージの作業はまず、
あらかじめ必要なファイルの「バックアップ」を取っていれば、難しくなく出来ます。

外付けハードディスクやUSBフラッシュメモリ、MO、メモリースティック、SDカードなど、
パソコンの外部で読み込むための接続用のメディアにコピーしていたデータファイルを、

新しいパソコンか、または修理やリカバリーが完了したパソコンのローカルディスクの内部に
USBポートでデバイスを認識させて、エクスプローラーやFinderから開きます。

あとは、元あったフォルダの領域にペーストして保存すれば、サルベージ完了です。

オペレーティングシステムにインストールしていたアプリケーションソフトウェアの方は、
「Program Files」(プログラムファイル)のフォルダーに貼り付けただけでは
完全に正常には動作しない場合が多いです。

もう一度専用のCDディスクやDLサイトからインストールし直して再びセットアップをしましょう。



いきなりパソコンが壊れてしまい最近作ったファイルのバックアップが取れなかった場合は、
サルベージ作業の前にまずハードディスクが故障していなくて無事そうであるか、軽く確認します。

パソコン本体のカバーを開けて、一度ドライブ装置を抜き出します。

そして別のデスクトップパソコンの中の空いているドライブベイに設置して
電源ケーブルとSATAかIDEのケーブルとマザーボードを繋げて増設します。




その際、うっかり力を入れすぎてマザーボードや電源ユニットのコネクタ、
ハードディスクやSSDのインターフェースに傷をつけたり、
ピンの差し込みの位置がずれて折れてデータが読み込めなくなったりしないよう注意してください。

HDDのサルベージ

あるいは外付けハードディスクケースかUSB変換ユニットのコネクタに差し込みして、
USBケーブルから外部デバイスで接続して、別のパソコンで読み込ませてデータのコピーを取ります。

ハードディスクケース

※WindowsやMac OS Xの仕様上、NASやビデオカメラといった別のコンピューター機器から
 フォーマットされているデータストレージだと、デバイスの認識自体はできていても、
 内部のファイルの読み込みによるサルベージまではできない場合も多いのでご注意ください。

 その場合は、専門のデータ復旧業者の方に注文してファイルの救出を行ってもらってください。



HDDは壊れてないけど間違えて拡張子のファイルを削除してしまった、という場合は、
まず「ゴミ箱」のフォルダーをチェックして、そちらに残っていないか確認してください。

ごみ箱からもすでに空にして消去してしまったり、「Shift+Deleteキー」で完全に削除していたり、
またはごみ箱に入りきらずにそのまま消えてしまったファイルや、
クイックフォーマットや初期化の操作をしてドライブ一つを丸ごと真っ白な状態にした、という場合は、

パソコンショップや電器店の店頭かオンラインショップで
【ファイナルデータ】や【完全データ復元PRO】、【Superファイル復活3】といった
「データサルベージソフト」を新しくインストールして、
アプリケーションの作業手順に従って痕跡から引き出すための復元作業を行います。


※しかし、ソフトウェアをインストールする時、復旧したいファイルと同じフォルダの場所に
 新しいフォルダを作ってしまうと、ハードディスク(Cドライブ)が上書きされて
 データの痕跡が消える可能性が高いため、最初はCD/DVDブートで起動される事をおすすめします。


またWindowsの「システムの復元」や「ファイル履歴」といったバックアップと修復のための機能や、
MacOS Xの「TimeMachine」、Ubuntuの「バックアップ」といった機能を事前に有効にしていて、
外付け記憶メディアなどの予備のデータからサルベージできそうでしたら、これらを使ってみましょう。


しかしハードディスクがもしヘッドクラッシュやコントローラーの破損による物理障害で壊れていたら、
下手に一般個人で分解をするとかえって故障が激しくなってしまうため、お控えください。

この場合は、全国の地域にありますプロの「データ復旧サービスセンター」でHDDを分解してもらい、
プラッタの記憶部分からの抽出によるデータ回収の作業をしてもらうのが唯一のサルベージ方法です。

拡張子をを削除した時などの論理障害と違って、中身のデータは丸ごと無事である場合も多いので、
あきらめずに一度、専門業者の方で診断をしてもらわれる事をおすすめします。

 






データ復旧とは? | ファイルのサルベージ
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-560.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.