データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【パソコンを改造するとメーカーの修理保証を失う?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


パソコンを改造するとメーカーの修理保証を失う?
パソコンをはじめコンピューター製品・電子機器の多くには、
購入日から1年、3年、5年くらいの期間の間でしたら
故障や不具合が発生しても、メーカー先のサポートセンターにて
無償でハードウェアの状態診断や検査、修理交換などをしてもらう事ができます。

不具合を起こした製品のお預かり期間が2週間~1ヶ月ほどかかるのですが、
特に急いでいなければメーカーに出しておまかせするのが最適でしょう。

しかし、過去に一度でもパソコンケースを取り外して
マザーボードの交換やメモリ・PCカードといった内部パーツの増設を行い、
初期の部品構築の状態を変えてしまったらどうなるのか?という疑問について。

ソフトウェア的にはほぼ大丈夫なのですがハードウェア的に
パーツの改造や換装をサポート期限内に行うと、無償修理の保証が
受け付けられず、有償での修復作業しか請け負ってもらえなくなる場合もあります。

普通のデスクトップPCだけでなく、自作パソコンやBTOパソコンを
改造した場合でも、多くの場合で保証サポート期間が無効になって消えてしまいます。

NGの可能性がある処理
  • 自己修理
  • 改造
  • 部品交換
  • 中身の掃除
  • ケース取り外し


どこまでがセーフで、どこからが保証対象外になるかは
各製造・販売メーカー先のカスタマーサポートセンター
指定されている案内によって若干異なります。

しかし自己改造をはじめ、上記のようにパソコンのケースを
一回ネジを外して空けるだけでも保証が使えなくなる場合もあります。

メモリやCPU・マザーボードなどのパーツ交換は基本的にアウトなので、
無償の修理保証期間を残したい場合は自分でPC部品の換装や増設による
改造・カスタマイズは行わない方が良いでしょう。

購入の際に最初からスペックの高いパーツで構築されたパソコン本体を
選択して買う、というのもポイントです。




しかしカスタマイズはともかく内部の埃掃除くらいでしたらむしろ必要な作業ですよね。

ですが清掃作業の後にもしパソコンが動かなくなったら問題です。

掃除の直後に異常が出ると無償の修理保証が効かなくなる可能性も高いです。

そのため、パソコン本体を一定期間手放しても問題が無ければ、
メーカーのサポート先に送付して内部のクリーニングをしてもらう方が安全、かつ確実です。

または私設のパソコン修理店でプロのスタッフの方にパソコンの筐体の掃除や
部品交換、システムのバックアップなどを行ってもらう方法もあります。

またハードディスクドライブにあったデータが消えたので復旧してもらいたい、
という場合、HDDをマシンから抜くとメーカー保証が利かなくなりかねませんので、
パソコン本体ごとデータ復旧サービスに持ち込むか、送付をした方が無難です。

 






コンピューター修理 | 自作・改造
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-556.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.