データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【データ便の大容量転送サービスとは?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


データ便の大容量転送サービスとは?
ネットワークを経由して 取引先の企業内パソコンや
ホームページのレンタルサーバー(ファイルマネージャ)、
家族や友人・友人にメールやFTPを使ってファイルを送信したい時、

フリーメール等では制限があるため、容量が数十MBや数百MBと、
大型サイズの容量である場合、相手先のサーバ元に送信できない事があります。

そんな時の助っ人として、無料転送サービスの【データ便】が大変役立ちます。

画像やテキスト、動画ファイルなど、デジタルデータでしたらほぼ転送可能で、
メールの添付で送れない大型のファイルでも無料で相手先のサーバに
送信が可能です。

また、メール添付で送るよりもセキュリティが強化できる強みもあります。




サービス例:
[最大300MB] www.datadeliver.net/
[最大100MB] www.atelier-iwami.com/storage/

アップロードする前にLhacaなどの圧縮/解凍ソフトを使ってlzhやzipに
圧縮してサイズを縮小し、一括で全ファイルを送信するとさらに効率的です。

ただし、向こう側のサーバースペースの空き容量を上回っている場合は
送信ができませんので、一応事前に相手側と確認を取る事も大事です。

ちなみにデータ便以外でも、有料の電子メールへのファイル添付や
FFFTPでのアップロードサーバーへの送信、オンラインリモートからの
同期通信、またDVDディスクやUSBフラッシュメモリといった
記憶メディアの宅配便による送付、など他にもデータを送る手段は数多くあります。

その際にもしも運悪く、物理的な諸激やシステムダウン、ウイルス感染など
何かの影響による障害記憶装置やファイルが破損してしまったら、
早いうちにお近くのデータ復旧サポート店で修復をしてもらうのがお薦めです。

 






サーバーダウンの復帰 | データベース
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-549.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.