データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【激安価格のパソコン本体でも十分快適に使える?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


激安価格のパソコン本体でも十分快適に使える?
最近でパソコンショップや大手電気店・通販で販売されています新品のPC本体は、
平均的に数年前よりもスペック(性能)がずっと高く、数万円くらいかそれ以下あたりの
激安価格のマシンでも、普通のホームエディションとして使う分でしたら、十分に使えます。

ITやハードウェアーの業界標準(デ・ファクト・スタンダード)は一年ごとに大きく進展していまして、
今後もコンピューターの大容量化や高速化、多機能化、一般化がどんどん進んでいく事でしょう。

現在はメモリ1GBでHDDが320GB以上のものでしたらそこそこ大丈夫です。
出来れば3~4GBくらいあるとなお良いと思います。

ここ最近ではインターネットのモデムやサービスも高性能化して、例えば前は8MBだった速度が
今は24MBにサービス変更される、などネットワークの面でも快適化が日々進んでいます。

ただ、一応スペックの基準として、多少遅い・重いと感じないようにするには
一応、購入の前に各部品の仕様も確認してみましょう。


選択の基準例


特に、メインメモリは2GB~4GBくらいのものが望ましいです。
ハードディスクドライブも320GB~1TBくらいあると余裕が出来ます。

CPUとマザーボードは型番や種類おきに複雑な名前ですので、初心者の方でしたら店員の方に
性能の差を詳しく聞いてみて取り付けの前などにも参考にされてみると良いでしょう。




中古で購入される場合はメインメモリ等のスペックが大きく劣る場合もあり、
メモリが256メガバイトやHDDが100ギガバイトくらいの容量では今のアプリケーションソフトの
環境に負担がかかる場合も多いです。

なのであまり安すぎて性能が低いパソコンを選ばれるよりは、
多少は費用をかけて上記の参考例くらいのマシンを選ばれる方が無難です。

ただ、PCは精密機器であるため使い方や外部環境によっては、
値段が安い、高いに関係なく、故障はいつ起こってもおかしくありません。

HDDは特に破損がおきやすいのでデータのバックアップはなるべく
こまめに、外部の記憶装置に保存しておきましょう。

 





デスクトップパソコン | パソコンを安く購入!
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-542.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.