データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Windows7(ウィンドウズ7)のデータ復元を行うには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Windows7(ウィンドウズ7)のデータ復元を行うには?
2009年10月22日より一般での販売・配布が始まりました
最新OS:Microsoft Windows 7 【マイクロソフト ウィンドウズ セブン】。

Windows Vistaの後続バージョンとして登場したオペレーティングシステム、
このWindows 7には今までのバージョン同様に、
以下のようにいくつかの種類のエディションがあります。

  • Home Basic ホームベーシック
  • Home Premium ホームプレミアム
  • Professional プロフェッショナル
  • Enterprise エンタープライズ
  • Ultimate アルティメット


OSが新しくなるとシステムファイルの内容も更新されるために、
それまでに使用していたアプリケーションソフトウェアが古いバージョンであるほど
多少なりとも動作の不具合やバグを起こしてしまう場合もあります。

またウィンドウズ7などの最新のOSではそのままでは対応できないケースもありますので、
互換性の実行によるトラブルシューティングを行ってください。

それらを防ぐため、各ソフトウェアやサポートサービス先のメーカーでは
OSの発売とほぼ同時に、新しいオペレーティングシステムにも
対応できるバージョンのソフトウェアをが多くの所で販売・配布されてます。




ファイルの削除ミス



必要な拡張子ファイルを消去してしまった時には基本的に「ゴミ箱」に移動されています。

ゴミ箱フォルダーにファイルが残っていたら、「元に戻す」を行います。

また、「システムの復元」や「イメージディスク」の作成などの機能も
コントロールパネルにありますので、これらも事前にセットアップして活用します。


[データ復旧ソフト]にもさっそく、Windows7対応のバージョンが登場しています。

例:ワイ・イー・データのOntrack EasyRecovery 6.20J 日本版
  株式会社フロントラインのファイルレスキュー 3 Pro

また『データ復旧テクニカルセンター DRTC』をはじめ各専門サービスでも
早速、ウィンドウズ7搭載のパソコン内部データの復元にも対応されています。

もちろん一世代前の古いソフトでも、修復できないというわけではないのですが、
なるべくなら動作環境をしっかりと満たしており最新のOSにも対応されている
ソフトウェアのプログラムを使用された方が、やはりより安全かつ確実的です。

Windows7のオペレーティングシステムが完全に動かなくなった時には、
リカバリーによる再インストールを実行する前に、パソコンからHDDやSSDを抜き取って、
他のデスクトップパソコンのドライブベイに増設して読み込むと必要なファイルを救出できます。

または、Linux(リナックス)のディストリビューションであるUbuntuやKnoppixを入手して
DVDブートでパソコンを起動して、ハードディスクのデータをバックアップする事もできます。

ハードディスク自体にアクセスエラーが発生したり、誤ってフォーマットしてしまったり、
または物理的な故障で壊れてしまった場合は、それ以上は起動させず、
全国各地のデータ復旧サービスに問い合わせて、ファイルの復元の注文をされてみてください。

 






ウィンドウズ7・8・10 | Windows 7
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-541.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.