データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【このプログラムは応答していません、とエラーが出る時は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


このプログラムは応答していません、とエラーが出る時は?
IEやユーティリティなどアプリケーションソフトウェアの動作中に、
突発的に操作が効かなくなり、ウィンドウが真っ白い画面になって
プログラムの終了』と書かれたエラーメッセージが表示される事があります。

このプログラムは応答していません。
Windows に戻ってプログラムの状態を確認するには、
[キャンセル] をクリックしてください。


というテキストが表示され、ここで終了を押すととりあえず
アプリケーションプログラムのウィンドウは閉じられます。

しかし代わりにそれまで作業していた分のでーたが上書き前に消去され、
多くのソフトでは後からもう一度開いても復元ができなくなります。

そのため、プログラム終了のエラーが何度も頻繁に発生する場合には
一度、パソコンのスペックやHDDの空き領域などを見直してみましょう。

強制停止の回避方法


動画や音楽、大きな画像をはじめサイズの大きなファイルを取り扱う
アプリケーションの起動中には特によく起きる事で、

CPUやメモリの負荷により強制終了してしまうパターンが、
[このプログラムは応答していません]のダイアログボックスが表示される
障害が起きる理由の最も大きな要素です。

2~4GBのメインメモリを導入したり500GB~TBのハードディスクに
交換するなど、PCパーツの基本的性能を上げる事で大幅に回避できます。




動作環境の基準が十分に満たされていないソフトウェアを使うと
プログラムはよく強制終了してしまうので、購入・ダウンロードの前にも
パッケージの説明文などを確認してみましょう。

Windowsのシャットダウン時にも表示される事があるのですが、
もし毎回のように出てくる場合は、レジストリ(regedit)の
状態チェックもされてみて下さい。

ただ、『このプログラムは応答していません。』というエラーは一時的なもので
パソコンやソフトウェアを再起動してやり直しただけで修復する事もあります。

また、プログラム終了の影響で壊れてしまったり消えてしまったファイルは
システムの復元機能で、タイミングによっては一部回復できます。

しかしPC機能で修復できなかったら、データ復旧専門のリカバリーサービス店
パソコンまたは内蔵HDDを提出して、復元をしてもらいましょう。

 






ファイルの破損・エラー | プログラム
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-535.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.