データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【MS-DOS起動ディスクでデータ復旧を行うには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


MS-DOS起動ディスクでデータ復旧を行うには?
パソコンの電源は起動できるけどWindous OSが原因不明の破損を
引き起こしてどうやっても立ち上がらず、困ってしまった、という場合、

フロッピーディスク等のリムーバブルメディアに作成しておいた
MS-DOS (読み方:エムエス・ドス)
【Microsoft Disk Operating System-ディスクオペレーティングシステム】
を読み込ませて起動し、内部のデータを開いて救出する方法もあります。

まずこの手段を使えるようにするためには事前に、
MS-DOS起動ディスクを作成しておく必要があります。

まずは新しく買ったFDやCD/DVDなど、空の容量のディスクをPCに挿入、
次にマイコンピュータでアイコンを選択し、ファイルメニューからフォーマットを選択。

『MS-DOSの起動ディスクを作成する』を選択してフォーマットを行います。
完了したらディスクを抜き出して、作成終了です。

FAT16やFAT32・VFATなどFile Allocation Tableの種類が異なると
対応できない場合がありますので、パソコンを新しく購入するたびに新規作成を行ってください。




いざという時にウィンドウズが立ち上がらなくなっても、
このMS-DOSディスクがあれば最低限の枠内で起動させる事ができます。

HDD内部に記録していた重要なデータをCOPYコマンドDIR・MD・XCOPYコマンド等を
使用して、他の外部接続媒体にコピー&ペーストしておきます。

後にOSの再セットアップまたはパソコン修理センターでの作業が終わった後に
保存ファイルを移しなおす事で、データ復旧が無事完了できます。

または、LinuxのUbuntuやKnoppixをDVDブートで立ち上げて、
別のオペレーティングシステムでファイルを回収する方法も使えます。

一般個人でハードディスクからのデータの救出が難しそう、という際には、
日本全国の各所で運営されています「データ復旧サービス」に注文して、
HDDを郵送で送って、診断をされてもらわれる事をおすすめします。

 






FD:フロッピーディスク | リカバリー
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-534.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.