データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【S.M.A.R.T(スマート)の機能でHDDの故障を予期できる?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決のアドバイスやレスキューサービスを掲載しています。


S.M.A.R.T(スマート)の機能でHDDの故障を予期できる?
PCに搭載されているハードディスクドライブは、起動中に毎分5000回以上も回転を続け、
内部部品であるモーターやベアリングは特に非常に負担が大きいものです。

平均的には数年は使えるのですが、場合によっては半年~1年くらいで
故障してしまう事もあり、いつ壊れてもおかしくない消耗品でもあります。

ヘッドクラッシュなどで物理的に破損したら修理はほぼ不可能でもあり、
内部データやシステムの設定も失われるのが最大の難点と言えるでしょう。

しかし、近年のシリアル・パラレル(ATA仕様)のHDDには
S.M.A.R.T[スマート](Self-Monitoring Analysis Repoting Technology-
セルフモニタリング アナリシス リポーティング テクノロジーの略称)という、
故障がいつ起きるかある程度の予測が可能な機能が付いています。

現在の内部温度の様子や、それまでのエラー回数、通電時間、外部的に受けた衝撃や、
どれだけのセクタ数が回復ができるかどうかなど、様々な状態や使用の経歴を
基準に診断されます。

また、一部のソフトウェアは外付けハードディスクやRAIDのHDDにも対応されています。


完全な予測はできないのですが、どのあたりで交換を行うべきかなど、
消耗の度合いによって参考となる診断結果をこの機能で提示してもらえます。

特に、しきい値が下回る項目が多くなってきたら換装やバックアップを行われた方が良いでしょう。

S.M.A.R.Tの検査結果はメーカーで配布されているツールで確認する事ができます。

RAID製品やNAS、サーバに使われているハードディスクはファイルシステムの違いにより、
検査できる製品が限られる場合もあります。

すでに外部機器の消えたファイルや故障したハードディスクまではデバイスの接続が出来ずに
読み取れないため、これらを修復したい時はデータ復旧サービスセンターにご相談ください。

 



故障の診断・検査 | ハードディスク

 ※問題解決のご質問、訂正の箇所、新規掲載のご要望等は、トップページの概要事項の項目の、
 メッセージの投稿用フォームにて幅広く受け付けています。





URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-530.html
Copyright (C) 2007-2019 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.