データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Windows2000のシステム修復ディスクを作成するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Windows2000のシステム修復ディスクを作成するには?
Windows(ウィンドウズ)のオペレーティングシステムがパソコン上で
何かのファイルシステムやレジストリ、アプリケーションなどの破損で稼動できなくなる障害が
起こった時は、修復セットアップ用のリカバリーディスクなどで元に戻す事が出来ます。

「Windows2000」の場合はまず、以下の手順でバックアップツールを
あらかじめ自身で作成して、レジストリを修繕するのが望ましいです。

まず、フロッピー・ディスクまたはCD/DVDディスクを用意します。

スタートメニューからアクセサリ⇒システムツール⇒バックアップを選択、起動します。




フロッピーディスクかCDディスク、DVDディスクとぢライブ装置のトレーに差し込みして
読み込みします。

[Windows 2000バックアップと回復コンソール]の画面で、システム修復ディスクを選択します。

ドライブAまたはドライブDに読み込んだディスク内のフォルダーにレジストリをコピーして
書き込みをすると、システム修復ディスクの作成完了です。

注意点として、事前に作成していなければ、システムが故障した後では
この方法では元に戻せません。

メーカー先のサポート修理サービスにパソコンを送付して出す場合は、
ハードディスクのでーたが安全保障のために初期化して削除される事になるため、
事前に内部の貴重なデータファイルをバックアップして回収しておきたい、という時には
先に、各地の専門の[データ復旧サービス]に注文して、HDDから取り出してもらう事を推奨します。

 






システムのリカバリー | Windows
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-529.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.