データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【HDDセクタのデータ断片化が進むと負担がかかる?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


HDDセクタのデータ断片化が進むと負担がかかる?
パソコンで作成したファイルや、インストールしたアプリケーションソフトは、
ハードディスクドライブのセクタという領域に保管されています。

HDDは一つの、論理上の巨大な倉庫ともいえる部品であり、
使い始めて最初のうちはセクタにも順序良く書き込まれていきます。

しかしある程度使い込んでいくうちに次第にHDDセクタの領域には、
データが整理されずにバラバラの位置に書き込まれていきます。
この状態をHDDの【断片化】と言います。

ファイルが収納庫全体の各場所にバラバラに保管されている状態のため、
読み出しの作業時間が遅くなり、また磁気ヘッドの移動回数も多くなるため
ハードディスクドライブの負荷も余計にかかり、故障も早まってしまいます。




断片化の状態を改善するには、
まずスタートメニュー⇒全てのプログラム⇒アクセサリ⇒システムツール⇒
の所にあるディスクデフラグツールを開きます。

Cドライブの[分析]を行い、最適化の必要がある、との診断が出ましたら、
[最適化]を行って下さい。 この作業は数十分~1時間以上かかります。

そしてエラーが起きずに完了しましたら、パーティション全体の整理が完了です。
この作業は2~3ヶ月に一度くらいの割合で行いましょう。

 






ハードディスクドライブ | ディスクドライブ
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-525.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.