データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【トラブル発生時の画面を画像ファイルに保存するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


トラブル発生時の画面を画像ファイルに保存するには?
パソコンの操作中にアプリケーションやOSシステムのエラーが発生した時、
何らかの画面の乱れや警告メッセージのバルーンが表示される事が多いです。

そんな時にその状態の画面を画像ファイルとして保存しておけば、
後にソフトウェアツールの製作元やWindowsのセキュリティセンターに
障害の状況を報告して解決策を相談する際に、役立ちます。

アクシデントが発生した際、まずその瞬間は何も操作せずにPrt Sor SysRqキーを押します。

次に、スタートメニュー⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒ペイントのツールを開きます。

ツールが開いたら、Ctrlキーを押しながらVキーを押します。

すると、Prt Sor SysRqキーを押した時にモニタで表示されていた画面が
そっくりそのまま表示されますので、これを画像ファイルとして、名前を付けて保存します。

画像データを保存する拡張子は「bmp」・「png」・「jpeg」あたりが良いでしょう。




ちなみにAdobe Photoshop(アドビ フォトショップ)でもこの機能は使えます。

また、他の多くの画像編集用アプリケーションでもこの機能が搭載されています。

Mac OS Xのパソコンで画面のスクリーンショットを撮って保存する場合は、
「commandキー 」+ 「shiftキー」 +「 3キー」または「4キー」を押して保存します。
または、

スクリーンショットがデスクトップに追加されます。これで、エラー画面の保存が完了です。

またWindows Vistaの場合は
Home Premium/Ultimate/Business/Enterpriseのバージョンで、
スタートメニュー⇒検索ボックスSnipping Toolからも画像の保管が可能です。

 






コンピューター修理 | ツール
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-520.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.