データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

[パスワードリセットディスクの作成ウィザードとは?]のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。
パスワードリセットディスクの作成ウィザードとは?
企業の共有パソコンなど、Windows OSのPCにログオンするのに
パスワード(password)の入力を必須に設定している時、
もしもパスワードを忘れてしまったらそのユーザーアカウントでログオンする事ができません。

そんな万が一のデータ喪失のアクシデントに備えて、外付け記憶メディアにも
【パスワードリセットディスク】(Password reset disk)を作成しておかれる事をお薦めします。

Password reset disk生成の手順


まずはスタートアイコンのコントロールパネルから
ユーザーアカウントのダイアログボックスを開きます。

Windows XPの場合は先にフロッピーディスクかUSBフラッシュメモリを挿入しておきます。

次に変更するアカウントを選び、
左側の【関連した作業】:「パスワードを忘れないようにする」をクリックします。

「パスワードディスクの作成ウィザードの開始」で[次へ]を押します。

これで外部設置のMOやUSBメモリーカード、DVD/RW、外付けのポータブルHDDなどの
リムーバブルメディアにパスワード再設定システムを作成できます。

Windows Vista(ウィンドウズビスタ)の場合は、ユーザーアカウントの
左側タスクにある、[パスワードリセットディスクの作成]ウィザードを選択してます。

次の画面でリムーバブルディスクを選んで[次へ]を押します。

現在のパスワードを入力して、[次へ]⇒完了を押して、作製終了です。

ネットワークからの同期によるアクセス


また、ワンタイムパスワードという、毎回異なる記号・文字の
パスワードを用いるシステムを使えば、そのユーザーの知っているPINからの認証と
トークンとサーバーの同期により、ネットワーク上からのアクセス時にも安全に開く事ができます。

作成した『パスワードリセットディスク』の方は、第三者に万が一使われないように
しっかりと保管しておきましょう。

頻繁にパスワードを変更する場合には、必ずメモを取る習慣を付ける事も大事です。

また、お持ちのそれぞれのパソコン本体ごとにユーザーにパスワードを設定して、
リセットディスクも作成しておくとセキュリティ上も安全です。

Windows8/8.1でディスクを作っておく場合は、まずパソコンにローカルアカウントでログインして、
CD-RやDVD-R、USBメモリなどのデータ記憶メディアを差し込みます。

コントロールパネルを開いて「ユーザーアカウントとファミリーセーフティ」→「ユーザーアカウント」
→「パスワードリセットディスクの作成」と進みます。

「次へ」→パスワードを入力しからて「次へ」→「次へ」→「完了」で作業終了です。

パスワードを完全に忘れてしまいメモやリセット作成ディスク、バックアップが取れていなくて
一部のデータが開けなくなってしまった場合は、
各地のパソコン修理店やデータ復旧サービスセンターに出して、診てもらう事をおすすめします。






システムのリカバリー | システム運用




コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.お書き込みいただけたコメント文は、管理者の承認後に一覧に表示されます。

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。











URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-515.html
Copyright (C) 2007-2014 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.