データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【PCトラブル発生時、まずはマニュアル・取扱説明書を参照】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


PCトラブル発生時、まずはマニュアル・取扱説明書を参照
突然パソコン本体が動かなくなったり、システム上の障害が発生したり、
内部データが読み込めなくなるアクシデントには、様々な種類があります。

主な障害例
  • フリーズ
  • システムエラー
  • フォーマット
  • 熱暴走
  • 誤った削除操作
  • USB接続ミス
  • カスタマイズ失敗
  • ヘッドクラッシュ
  • 水濡れ・水没
  • 物理的破損
  • ウィルス感染
  • 動作環境の不足


トラブルの原因と対処法が見つからない時は、まずはやはり製造メーカー先の
カスタマーサポートセンター、または付近のパソコン修理サービス業者や
自作パソコン取扱店にご相談をされてみると大抵のアクシデントの原因は掴めます。

しかしその前にも、PC本体を購入されたときに付属されている、
操作マニュアルの取扱説明書のトラブルシューティングを一通り、確認されてみましょう。

フリーズやブルーバック画面など、論理上のシステムエラーに関しては、
カーネルやBIOSが破損していなければその多くは、取扱説明書やヘルプの手順に沿って
自力で回復することができます。

オペレーティングシステムとプログラムソフトの中継をする、
API(エーピーアイ)
【Application Programming Interface-アプリケーションプログラミングインターフェース】

などのミドルウェアがウイルス感染や誤った変更・削除で損壊していると
ソフトウェアがまともに動かせない、という事も考えられます。

基本ソフトの問題のほとんどは、起動ディスクやリカバリーディスクを使用して、
パソコンのオペレーティングシステムの修復インストールや再セットアップを
手順に沿って行っていく事でコンピューターをリセットさせて直していけます。


HDDやマザーボード、CPU、電源ユニットなどの物理的な損壊が起こった場合は、
やや高度な技術なのですが、その気になれば自作PCの作成の応用で、
ご自身で新しい代替の新しいパーツを買って交換する事も可能です。




普通のノートパソコンの場合、ハードディスクやメモリ、ネットワークカードなどは
PCケース本体の裏側などの部分に、取り外しと交換用の蓋が付いていて、
これを開けて、簡単に部品を換装する事ができる製品もあります。

ノートパソコン

※しかし、ネットブックや小型の筐体、AppleのMacBook Airなど
 薄型で密閉されていて専用の部品が使われているノートパソコンの場合は、
 一般個人ではパーツの交換修理が難しい事もあります。


また、誤ってデータファイルやOSの一部を削除されてしまった時には、
【システムの復元】や【ファイル履歴】、【自動バックアップ機能】、
または【データ復元ソフト】を使用して、元に戻す事も可能です。


付属のマニュアル本だけでなく、市販のPCガイドブックを買って
参照にされてみるのも大変有効で、心強いトラブル解消の味方になります。

目次で簡単な症状への対策一覧をチェックしたり、索引などで50音順、アルファベット順に
該当するトラブルに関連する単語を探していけます。

ですが、ハードディスクドライブのヘッドクラッシュやSSD、USBメモリ、
NAS、サーバの破損など個人では修理が非常に難しくてほぼ不可能な場合の故障もあります。

そんな時にはパソコン修理サポート店や、データ復旧サービス業者の方へ注文して、
状態の修復をしてもらわれる事をお薦めします。

 






データ復旧とは? | PC不調
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-513.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.