データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【コピーするファイルが大きすぎて外部ドライブに入らない時は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


コピーするファイルが大きすぎて外部ドライブに入らない時は?
バックアップやファイル移動のために、パソコンから外部接続メディアにコピー作業を行うために
データを「ドラッグ&ドロップ」や「コピー&ペースト」をする際、

【コピーするファイルが大きすぎて、受け側のドライブに入りません。
 もっと容量の大きいディスクがある場合は、交換してください。】


というエラーメッセージが出て、作業が中断されてしまった、という場合について。


この警告ウィンドウは、フロッピーディスクやCD-RW、MOやSDカードなど、
最大容量がやや小さいデータ記憶メディアに起こりやすい影響です。

複写作業で補助記憶装置の内部のフォルダーに貼り付けるファイルやプログラムの容量が
もし空き領域よりも大きい場合には、コピーを完了させる事ができません。

再試行ボタンを押してもそのままではコピーの実行ができませんので、
まずは一度キャンセルを選択して作業をいったん止めて、動作を中断します。




複数の拡張子を選択している場合はコピー範囲を縮小するかファイルを選別して、
新しいストレージに格納するデータの最大容量を減らします。

同一ドライブ内でのファイルのコピーや移動の際には余り起こらない事例なのですが、
クラウドストレージと同期している特殊なフォルダーやゴミ箱など、
保存できるbyte(バイト)の数値に限度を設定しているディレクトリでは、
制限が掛けられていて大きなファイルや多数のデータが書き込みできない事もあります。

また、パソコンを使って別のポータブルデバイスからポータブルデバイスに
巨大ファイルを移動させたり複写する時にも、片方の空き領域や最大容量に
大きな差があると、受け側のドライブに入りきらずにエラーメッセージが出る事もあります。

データ自体の様子がおかしくなっていて書き出しのエラーが出る場合は、
コピーできないバイナリファイルをプロパティ画面やバイナリエディタなどで
詳細を確認して、固有情報におかしな部分が出ているか確かめる事もできます。

バイナリエディタ


これらのトラブルの場合、8GB~32GB、64GB超のUSBフラッシュメモリやDVD/ブルーレイディスク、
また外付けハードディスクや分割したパーティションのDドライブなど、
最大容量の大きいほかの機器にコピーする事でも多くの場合は解決できます。

または他の不要なデータを削除して、空き容量をコピー可能な数値までに
増やす事でも解決できます。


一度コピーに失敗して中途半端に保存されてしまったデータも
事前に外部ドライブから削除しておかれる事をお薦めします。

万が一エラーの影響でPCの方の本体のファイルやHDD、メモリーカードが破損した時は、
すぐに専門のデータ復旧サービス店で復元作業を注文されてみる事をおすすめします。

 






FD:フロッピーディスク | コンピュータ関連
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-511.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.