データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【フォルダーに保存したファイルを紛失した時に探して回復】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


フォルダーに保存したファイルを紛失した時に探して回復
パソコンや外付けHDD、NAS、ネットワーク上のファイルスペースなどでよくある
データ損失の一つで、物理障害とも論理障害ともまた違った、
どこにあるかがわからなくなってしまう「紛失」というトラブルのパターンもあります。

アプリケーションで書き込みして保存したテキストデータ、画像、音楽ファイル、
特殊なプログラムの設定、電子メールの受信メール、他、
パソコンなどの機器の内部では日々さまざまなデータを取り扱っています。

一年も使えば非常に膨大なデータがPCのハードディスクや外付けハードディスク、
SDメモリーカード、USBメモリ、DVD-RWなどのデータ保存媒体に保管されることになります。

最近では数TBのハードディスクを数台を搭載したRAIDやNASなどの
超大型のデータ保存媒体も発売されて、一般的にも汎用されています。

そうなると、次第に普段開かないデータや昔のデータの保存した場所が
どこにあったか忘れていってしまうケースも起こりえます。

そしていざ再び使うときにすべてのお手持ちのハードウェア機器や
インターネット上のクラウドサービスなどを片っ端から見直してファイルを開き直したり、
パソコンの各種設定やフォルダーを検索し直す手間がかかります。

場合によっては見つからない、諦めざるを得ない状況も出てしまうかもしれません。




データを保管した場所を忘れてしまった時は?



まず、再度の取得や再作成がすぐに出来るデータの場合は、
インターネットやアプリケーションを開いてチェックしてみます。


ファイルに付けた名前や保存した日時、拡張子の種類を覚えていれば、
例えばWindowsの場合はExplorerなどの画面で「Ctrlキー」+「Fキー」、
Mac OS Xの場合はFinderの画面右上の検索窓から入力して、検索できます。

また、上記のような事態の回避におすすめな手段の一つとして、
日常的にフォルダーを沢山作ってカテゴリ分けし、
データ移行をされておかれると配置が非常に分かりやすくなります。

フォルダーという大まかな分類を通せば、
かなり保存ファイルの把握が楽になるので非常に便利です。

なお、別の記憶メディアへのバックアップ保存も時々行うようにしておくと、
より確実かつ安心してデータの管理ができます。

もし間違えて必要な上書きされていた場合でも、
自動更新バックアップのファイルや、メモリの一時的な保存データがあれば、
保存状況によってはそちらから引き出して回復させる事も可能です。


どうしても必要なファイルを紛失されてしまい、やはり見つからず、
再度の入手や再作成も難し、という場合には、

全国の各地にありますプロの「データ復旧センター」にて
破損したファイルの復元やハードディスクからの検出と回復ができるかどうかの
診断と修復作業をしてもらわれる事もおすすめします。

 





デスクトップパソコン | トラブル
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-50.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.