データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ネット上のデータ保管庫からインストールする時の注意点】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ネット上のデータ保管庫からインストールする時の注意点
パソコンのCドライブに入れていた拡張子ファイルやユーティリティーのシステム、
またUSB外付けハードディスクやネットワークドライブ、RAID5、メモリーカードなどに
保存していた様々なデータが、機器の故障トラブルや間違った削除動作で失われた場合、

インターネット上にあるデータ保管庫のウェブサイトから
インストール・セットアップして、もう一度入手する方法もあります。

しかしネットから手に入るファイルやプログラムの中には、法律・著作権上に
反している物・製作会社側からは本来禁止されている物・そして稀に悪質な
コンピューターウイルスやスパイウェア・トロイの木馬が混入している物など、

法的・セキュリティ的に危険が潜んでいる場所も多いため、セットアップされる前には、
慎重にデータとサイトをチェックしてからにしましょう。




パソコンからSNSやウェブブログ、ソフトウェアの提供サービスで
デジタルデータをやり取りする時などで、は普通に操作を行っている分には
そうそう変なファイルに当たる事はないのですが、

電子メールや動画サイトで取得するファイル・音楽・画像といった物には特に、
法律や著作権に反している物が多く、有害ファームウェアに感染する可能性も0ではありません。

特殊なファイルをインストールして保存した際のルートディレクトリ領域に
ソフトウェアの新しいフォルダーと一緒におかしな有害なスパイウェアや
変な画面を表示したりするファームウェアが発見されるケースがよく出てきます。

また逆に、ウェブブラウザ上でJavaスクリプトなどが表示されなくなる
妨害が行われるような有害なプログラムが混ざっているケースもあります。

アンチウイルスソフトやファイアウォールがしっかりと有効になっていて
常時稼働されてッ監視状態になっているか、定期的に確認をすることも大切です。

いつの間にか危険なコンピューターウィルスや有害な設定変更のプログラムが混ざっていて
これらのセキュリティが無効になっていたり、
または誤ってソフトウェアの設定を気づかないうちに変更していたり、
一時的に無効やアンインストールをしたまま忘れている、といった場合もあります。

ファイアウォール

そのサイトが問題のある場所ではないか、インストールしようとするデータには問題なさそうか、
といった事前の確認は必ず行われてみてください。

ネットワーク関連のソフトウェアからセットアップするデータには特にご注意ください。

必ずウイルス対策ソフトを稼動させた状態でパソコンに取り入れるようにしましょう。

もし何かコンピューター上で深刻なトラブルが発生した時は、すぐに
ウイルススキャンを行って有害なプログラムの隔離・駆除を実行してみます。

またユーティリティーを一度アンインストールしたり、システムの復元や
Time Machineで少し前の状態にOSを戻したりする対処方法も有効です。

個人で原因が特定できなくて直すのが難しそうな場合は、
パソコン修理サポート業者に問い合わせて、診てもらわれることをおすすめします。

 





インターネットのトラブル | インターネット関連
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-494.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.