データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【HDD Healthでハードディスクの故障を予測できる?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


HDD Healthでハードディスクの故障を予測できる?
パソコンやサーバ、ネットワークドライブ、RAIDなどのコンピューター機器で使用される
補助記憶装置の「ハードディスクドライブ」(hard disk drive)は
消耗品とも言えるデリケートな精密機器でもあります。

RAIDのHDD

「不良セクタ」や「コントローラーボードの破損」、「経年劣化による摩耗」、
そして「プラッタへのヘッド吸着による障害「ヘッドクラッシュ」の発生など、
いつ故障が出てもおかしくはない点があります。

しかも多くの場合、ハードディスクの修理は非常に難しく、高額になったり
ほぼ不可能なケースが多いため、基本的には新品のドライブへの交換と
内部のディスクからのデータ復旧によって状態の修復を実行する事になります。

そのため、特に内部データの管理と日々の機材の扱いには気をつけなければなりません。

そこで、次に紹介をします『HDD Health』(ハードディスクヘルス)いうソフトウェアを用いて、
現在のS.M.A.R.T [スマート] (Self-Monitoring Analysis and Repoting Technology-
セルフモニタリング・アナリシス・アンド・リポーティング・テクノロジー
)の状態を読み取り、
HD Diskの検査と問題の監視をして、回路が壊れる時期をある程度予測する事ができます。

Seagate(シーゲート)や日立(HGST)、東芝(TOSHIBA)、WD、ロジテック(logitec)
といった各種メーカーのハードディスクの製品にはそれぞれ、
公式ホームページでも「SMART」の機能の読み取り用ツールも配布されています。

ですが、それ以外に市販のアプリケーションなどでも、
製品のメーカー別に限らず、複数の種類のHDDをチェックできるソフトウェアもあります。




一例としてまず、FREEWAREの
HDD Health v3.3 Build 220 Beta』 (HDDヘルス)をダウンロードしてインストールします。

そしてアプリケーションのセットアップを完了させて、使用ができます。

(最新のオペレーティングシステムのバージョンによっては、互換性のトラブルシューティングで
 適切な互換性の措置を行わなければセットアップや起動ができない可能性もあります。)

英語版のフリーソフトですので、こういったタイプのソフトウェアが苦手な方や、
使い方がどうしてもわからない場合は、ダウンロードされないか、
『プログラムの追加と削除』でアンインストールされてください。

他の日本語のSMART読み取りのソフトウェアをインストールして、そちらを使われてみてください。

もし深刻なエラーや不具合が見つかりましたら、早めにデータをバックアップして、
新品の交換の準備をしていつでもHDDを換装できるように準備をされてください。

HDDは使い方や環境次第で寿命がいつ来てもおかしくはないため、
あくまで大まかな目安と、状態のチェックとして使用するのが丁度良い具合ですね。

また内部データのバックアップもなるべくこまめにとっておきましょう。

もしもチェックする前に先にハードディスクに異常が起こり故障して
中に保存していたファイルが開けなくなってしまい、何とか取り出ししたい、という場合は
専門で営業されていますデータ復旧サービスセンターに診てもらうことを推奨します。

 





故障の診断・検査 | ハードディスク
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-488.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.