データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【アンインストールでプログラムを消去できないエラーとは?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


アンインストールでプログラムを消去できないエラーとは?
不要になったアプリケーションソフトは、パソコンのCPU・メモリの使用量の削減や
HDDの空き領域の増加で各システムの読み込み動作を速くして快適にするため、
プログラムと機能』、または『プログラムの追加と削除』の項目で、
定期的にアンインストールを実行される事が望ましいです。

しかし、削除の途中で作業が中断されてしまい、正常のアンインストールができなかったり、
一部のファイルやフォルダが残ってしまう事があります。

そんな時にはどうすれば削除ができる?という疑問について。


主なアンインストール失敗の原因


・アプリケーションソフトウェアのプログラムを起動中である状態。
・他の関連システムによって使用されている状態。
・ファイルが壊れている場合。
・専用ディスクからでなければ正常にアンインストールできない場合。
・作業に必要なメモリまたはCPUの容量が足りず、途中でフリーズしてしまう。


まず、ユーティリティーのが画面を現在デスクトップで起動中だったり、常時稼働中になっていたり
他のプログラムと連動して動いてる場合は、アンインストールする事ができません。

エラーメッセージやヘルプの指示に従って、常駐のシステムや特殊な機能をオフにして、
動作を止めた上で、再度アンインストールを試みます。




Windowsのパソコンではエクスプローラーの画面の「ローカルディスク(C:)」
→「Program Files/Program Files(x)」のフォルダーにアプリケーションのデータの一覧が保存されています。

どうしてもコントロールパネルからアンインストールができない場合は、「システムの復元」を
使用してパソコンを少し前の状態に戻してみるか、エクスプローラーからフォルダーごと消去してみます。

アップル社のMac OS Xのパソコンの場合は、
デスクトップ画面などからアイコンをゴミ箱にスライドさせてアンインストールします。

いくつかの項目が消去できずにフォルダに残っていたファイルは、
必要ないものである事を確認された後に、手動で直接ゴミ箱に削除する事もできます。

もし何らかのエラーで作業途中にPCが故障してしまったら、
メーカー先のカスタマーサポートセンターか、私設のパソコン修理サービス、
またはデータ修復サービスに、状況のご相談をされてみる事をお薦めします。

 





プログラムが開けない | ソフトウェア
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-475.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.