データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ウィンドウズのエラー処理中に上書き保存前のデータが消える問題】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ウィンドウズのエラー処理中に上書き保存前のデータが消える問題
Microsoft WindowsのOSのパソコンで、ExcelやWord、Accessなどのアプリケーションソフトや
画像編集ソフト、ウェブブラウザといった容量の重めなプログラムを起動させている時、

メインメモリの容量やCPU、マザーボード、HDなどのパーツの性能が低かったり、
オペレーティングシステムのバージョンが古くて処理能力が不足していると、
時々、動作の処理が急に遅くなったり止まったりなどして、

『問題が発生したため[プログラム名]を終了します。ご不便をおかけて申し訳ありません。』
と書かれたメッセージが表示される事があります。

このメッセージバルーンは主にプログラムが強制終了してしまった後に不具合の報告で
表示される事が多いのですが、アプリケーションが閉じる前に出てくることもあります。

このバルーンにある『エラー報告を送信する』 『送信しない』の項目は
どちらを選んでも良いのですが、このボタンを押すとプログラムソフトの画面が強制終了して、
データを保存する前に閉じてしまいます。

またインターネット・エクスプローラーなど同じプログラムをいくつも開いていた場合は、
それらすべてのウィンドウが全部、強制的に閉じられてしまいます。

問題は、バルーンにも書かれています通り、作業の途中であった場合は
そのデータファイルの上書き保存前の更新していた部分が失われてしまいます。

エラー報告の送信場面はあえて無視しても良いのですが、一度メモ帳などにコピーするか
別名で保存してから一旦アプリケーションを閉じて、その後で『送信しない』と押すのが適切です。




またメモリかCPU、ハードディスクの容量をかなり使っている状態でもあります。

「Ctrlキー」、「Altキー」、「Delキー」を押してタスクマネージャーの画面を開き、
アプリケーションの使用状況の確認と調節を行われてみてください。

なので一度再起動してからパソコン作業を再開された方が安全かつスムーズに進行できます。

上書き前のデータが消えた時でも、ExcelやHPビルダーなど一部のソフトウェアでは
後から保存された部分のデータを復旧させる事ができる場合もあります。

「Microsoft Office」(マイクロソフト・オフィス)などのアプリケーションでは、
「上書き保存」や「名前を付けて保存」をする前に画面が強制終了してしまった場合は、
自動的に定期でデータが一時的に保存される機能が備わっています。

バックアップファイルの設定

急にエクセルやワード、アクセスなどの画面が閉じた時に、後でもう一度立ち上げ直すと、
前回に開いていたファイルの直前の更新データを
もう一度開き直すか選択するメッセージが表示される場合があります。

これを開いてからもう一度「名前を付けて保存」か「上書き保存」を行います。

ホームページビルダーなどのソフトウェアでは、HTMLなどのファイルを作成して保存する際、
同時に「BAKファイル」(バックアップファイル)が「.bak」という拡張子で作成されます。

もし何かのエラーや誤った操作による不具合でHMTLのデータを失ってしまった時には、
エクスプローラーで「.bak」の拡張子名を「.html」と変更すると、元に戻せます。

これらの事例以外の原因で、なるべく確実に消失したファイルを復元したい、という際には、
専門で受け付けをされていますデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
補助記憶装置を初期診断で診てもらい、救出の作業をしてもらわれる事をお薦めします。

 





上書き保存を元に戻す | Excel
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-473.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.