データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ICレコーダーの音楽データは復元できる?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ICレコーダーの音楽データは復元できる?
音楽や音響データを録音する専用のフラッシュメモリ・マイクロフォンが搭載されたオーディオ機器
ICレコーダー」(digital voice recorder-デジタルボイスレコーダー)からデータが消えた時に
復元することはできる?というご質問について。

まず、パソコンに接続不可能なレコーダーなどの電子機器に保存していたデータを失った場合、
HDDなど取り出し可能なデータ記憶装置が使われていましたら、
そちらを取り外してパソコンに外付けHDDケースなどの経由でつなげてみます。

多くの場合、ファイルシステムが異なるためそのままではデータが読み込みできないのですが、
「復旧天使」など、特定のファイルシステムでも認識できるソフトウェアはあります。

しかし、ハードディスクドライブに何度も上書きを行っていた場合は
以前の拡張子の痕跡データが消えていくため、復旧率は下がってしまう場合もあります。

レコーダーなどの機器にも対応されている専門のデータ復旧サービスの方でしたら、
もちろん高い復旧率での修復を行ってもらうことができます。




ICレコーダーのハードディスクを取り出してWindowsでフォーマットをかけて使っている場合は、
もし誤って同名ファイルの上書きや削除をされてしまったり、
ウイルス感染やファイルフォーマットの破損で保存データーが消えてしまっても、

パソコンのOSにインストールした『ファイナルデータ』や『完全復元プロ』といった
データ復元ソフトウェアからUSBを通して読み込み、消えたファイルを復元する事も可能です。

ですがフォーマットをかけると初期化でデータが消えてしまうため、
そちらを読み込みたい場合には、やはりフォーマットはおすすめできません。
(また、音楽データの著作権の点にもお気を付けください。)

主にSONY(ソニー)・Panasonic(パナソニック)・Sanyo(サンヨー)・東芝・
オリンパス等の大手電子機器メーカーにて製造・出荷されています。

またIC recorder=ボイスレコーダーとまとめて呼ばれる事もあります。

音源はサウンドカードや専用のシンセサイザーチップで搭載されている
パソコンと同じく機器の内部にあり、アナログの音源をデジタル化することも出来ます。

近年ではPCに接続して音楽をダウンロードして取り込み再生を行える
ポータブルオーディオプレーヤーと呼ばれるICレコーダーも普及していますので
音響データをデジタル化してフラッシュメモリに保管する便利な使い方もできます。

何度もICレコーダーのHDDやフラッシュメモリーを上書きして以前の痕跡がほぼ消えたり、
水濡れや強い衝撃・老朽化・クラッシュなどの物理的な故障で
デバイスマネージャ(マイコンピュータ)に表示できない場合でしたら、

専門のデータ復旧サービスセンターの方に依頼をして、フラッシュメモリの分解による
データの抽出作業でほかの記憶媒体に移し変えてもらうことをおすすめします。

 





ビデオカメラ動画の回復 | レコーダー
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-463.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.