データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【テキストファイルの文字化けを修復するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


テキストファイルの文字化けを修復するには?
受信した電子メールのテキストやインターネットで開いたウェブページ、
またネットワークからエクスポートしたファイルや
アプリケーションのウィンドウで読み込みしたテキストの文字が、

文脈の無い英語や数字、記号、ほかエンコードのずれている文字などでのみ表示されて
とてもまともに読めない状態になっているようなコンピューター上でのエラーを
文字化け』(もじばけ/garbled letter,illegal character)と呼びます。

※文章の一部が抜け落ちて消えた状態は「文字落ち」(missing character)と呼びます。

デジタル上のテキストデータにはEUC-JP・Shift JIS・UTF-8・ISO-2022-JP・ISO-8859
といったエンコード(Unicode)と呼ばれるいくつかの形式があります。

お使いのOSやウェブブラウザ、HTMLソースの設定によってはこの表示形式が
合っていないために文字化けが起こる事が多いです。

まずはテキストファイルを読み込んでいるアプリケーション画面のメニュー設定などから
エンコーディングの設定を何回か順番に変更して、EUC-JP・Shift JIS・UTF-8などの
どれかの形式で正常に表示されるかどうか試されてみてください。

ネットワークからインストールしたコンテンツのテキストの場合は、
専用のエンコードを指定されているか確認もされてみると発見できる可能性もあります。

また、市販かアップロードの専門サイトで入手できる文字化け修復ソフトウェアや
テキストエディターでしたら、メールの拡張子ファイルの読み込みや、
内容文をコピーペーストでスペースに貼り付けて正常な文章に変換する事ができます。


環境依存文字の非対応による自動変換

搭載されているフォント(テキスト形式)の種類が不足しているために
文字化けが起こる場合は、該当するフォントの形式が入ったプログラムを
パソコンにインストールして設定する、多くのものを正常に表示する事ができます。

電子メールの送受信やファイルマネージャーへのアップロードの時など、
通信時に読み込みのミスなどのエラーや障害が発生して
文字コードが違う形式に認識されて自動的に変換される事もあります。

別のメールアドレスや他のレンタルサーバーなどの送信先のサービスを
もしお使いであれば、試しにそちらに送って、文字化けや文字落ちが起こらないか
開いて確かめてみたり、カスタマーサポートに問い合わせてみてください。




日本語文字コードの違うコンピューターの機種同士でも変わる場合もあります。

OSの違うパソコンや携帯端末、日本国外で使われているハードウェア機器など
別の電子機器で作成された文章を読み込みする際に、
2つ以上の違うフォンセットシステムが使われていないかチェックしてください。

また携帯電話(docomo、Vodafone、auなど)の絵文字といった
各メーカーが独自に開発した機種依存文字の場合、

ウェブページの検索結果や電子メールなど特殊なインターネット環境では
一部の特殊な文字やHTMLタグ付きで文字修飾されたフォントが
機種依存のためにモバイル機器や古いOSの画面からは正常に表示されなかったり、
記号やアルファベットなどに文字化けして映る事もありますのでご注意ください。

OSやウェブブラウザ、アプリケーションが対応されていない特殊なフォントには
特に文字化け・文字落ちが発生しやすくなります。

なので大勢の人に見てもらうために作るコンテンツは、なるべくゴシック体など多くの環境
で読み込みできる一般的なフォントを選んでテキストを書かれる事をおすすめします。


作成したテキストファイルが文字化けしている場合

ダウンロードしたデータではなく、WindowsやMacのOSで作成したテキストファイルなど
自分のバックアップファイルが開けなくなり、そこで別のアプリケーションで
何とか開くことはできたけれど文字化けしていて、文字コードを変えても直らず、
Microsoft Officeの修復機能を使っても直らない場合はどうすればいい?というご質問について。

上記の状態の場合、文字化けというよりはバックアップの際に
二次記憶装置内部のフォルダに正常にファイル群がコピーできていなかった可能性もあります。

通常の文字化けではなく、ファイルそのものが損傷していると、
専門業者にアドバイスと修復作業の依頼をした方が確実です。

一部の外部データ記憶メディアには、老朽化や容量の影響などで稀に出てしまう症状です。

Microsoft Officeの回復機能で直らなかった場合でも、
高度な市販ソフトウェアでしたら、破損したファイルの修復が出来る機能も付属しています。

しかし、より確実に直すならば、文字化けトラブルの解消、破損した拡張子の修復ともに、
やはり専門のデータ復旧サービスで診てもらう方をおすすめします。

ダウンロードしたテキストファイルが、中身の文章は文字化けしていない状態で、
題名が文字化けしている場合に修復をしたい時には、

まず簡単にできる解決方法の一つとして、文字化けした題名の部分をコピーして、 インターネット上に
数多くある文字化け解読のウェブサービスか 修復機能を持つユーティリティーを使用します。

用意された解読するための専用の書き込みフォームに タイトルを貼り付けて順番に
コードのを変換されてみると、どれかのエンコード/デコードの結果で読めるようになるかもしれません。

UTF-8やShift-JIS、EUC、UTF-7、Unicodeといったコードを変更するソフトウェアを使い、
文字化けしている行・列の文章の部分をコピー&ペーストして修復を実行してみます。

文字化けの原因がどうしても掴めない時には、テキストの作成元の会社・業者または
PC修理のサポートサービスにお問い合わせをして修復方法を尋ねてみてください。

拡張子自体が破損して直らない時も決してそのまま削除はされずに、
文字化けの修繕に対応されたプロのデータ復元サービスセンターにて、
破損したファイルの診断と修復の作業を行ってもらわれる事をおすすめします。

 





プログラムが開けない | テキストエディタ
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-460.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.