データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【電子辞書・電子手帳のデータが見れなくなった時に復旧するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


電子辞書・電子手帳のデータが見れなくなった時に復旧するには?
お使いの「電子辞書」(electronic dictionary)や「電子手帳」(electronic organizer/note)、
またはそれらの機能が搭載されたノートパソコンなどの電子媒体が持ち歩き中に
水濡れ・水没してしまったり、しばらく使っていないうちに電源が起動しなくなった場合、

また太陽光や湿気・錆・土汚れ・強い衝撃や踏み付けなどの原因で故障してしまうと、
今までに書き込んで記録していた内容が全部見れなくなってしまいます。

ですが、液晶モニターが割れたり、操作入力キー(ボタン)が割れただけで
まだ電源が付く場合でしたら中身の機能やデータ保管部分の回路は無事であることも多いです。

電子計算機(electronic branch exchange)自体は、
メーカー先のカスタマーサポートの修理サービスの受付に出して故障を直してもらうか、
あるいは初期不良の場合などでは新品に交換してもらう事で解決できます。

ですが、中身のデータの方までは通常、メーカーの方では復元サービスまでは行われていません。

そんな時にはどうすれば保存していたファイルを復旧できる?という疑問について。




まず、電子手帳や電子自著の製品本体が故障してしまっても、メモリソケットに差し込みしている
「SDメモリーカード」の方は特に問題がなく、壊れていない可能性もあります。

ひとまず電子計算機からSDカードを抜き出して、
パソコンにUSBカードリーダーから差し込んで、保存したデータが読み込めるか確認します。

メモリーカードの必要なファイルを誤って削除してしまったり、間違えてフォーマットをかけて全部
消去してしまった、という場合には、市販のデータ復元ソフトを購入してパソコンにインストールして、
メモリーカードにスキャンを掛けて、拡張子の痕跡を検出して修復できる見込みもあります。

しかし問題は、水没や強い衝撃・圧迫による大破などで完全に電子機器が破壊されてしまった場合、
特にメモリーカードやUSBポートを通してPCに接続してバックアップができない旧型の電子辞書などは
一度壊れてしまうと内部のデータが全損してしまう危険が高いので注意が必要です。

故障で電源が入らない時は無理に何度も起動させようとするとかえって状態の悪化に繋がることもあります。

メーカー先のサポート、またはデータ復旧サービスに注文をして診断をしてもらう事が安全な解決方法です。

 





データベース | コンピュータ関連
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-455.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.