データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ハードディスクドライブの不良セクタが発生した時に修復するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ハードディスクドライブの不良セクタが発生した時に修復するには?
パソコンやサーバ、NAS、RAID、デジタルビデオカメラなどのコンピューターに
搭載されているデータ記憶装置『ハードディスクドライブ』(HDD)には、
「ディスクセクタ」、[Disk sector]というデータ格納庫部分が入っています。

ハードディスクの場合は1セクタ=512バイトの容量になります。

このセクタはHDDに急なアクセスエラーや熱暴走などの故障が起きてしまうと、一部のデータなどが
損傷してしまう事があり、内部データが読み込めなくなってしまった状態は『不良セクタ』と呼ばれます。

破損した状態のまま何度も無理にPCを起動させようとすると、
HDDと内部のセクタが逆にどんどん損傷がひどくなってしまうおそれがあります。

まず、最初の前提としまして、ハードディスクが故障した時には基本的に、
修理には専門業者のデータ復旧サービスに診断してもらいます。

そしてプラッタの中身のファイルやフォルダーを別のハードディスクにコピーして
移し替える作業を行ってもらわれる事が、やはり最善です。




エラーチェック


WindowsのOSにあるシステムの「chkdsk/rチェック」で不良セクタが検出された状態の時は
まだパソコン自体が壊れたわけではありません。

一例として、ウィンドウズのエクスプローラーの画面を開いて、ローカルディスク(C:)や(D:)など
対象のボリュームのアイコンを右クリックして、「プロパティ画面」を開きます。

プロパティ

「ツール」のタブにあるエラーチェックの項目の「チェック」を押して、「ドライブのチェック」または
「ドライブのスキャンと修復」を選択すると、不良セクタといったエラーの回復作業が行われます。

不良セクタのチェック

また、USBメモリやSDカード、外付けハードディスクなどのリムーバブルディスクでも
不良セクタのエラーチェックが実行できます。

他に、ハードディスクのそれぞれの販売メーカーの公式ホームページなどの場所から
提供されています、「S.M.A.R.T.」(スマート)というモニタリング機能を読み込む
管理ソフトウェアをインストールして、状態のチェックや軽い問題の復元なども行えます。

しかし、後からコントロール装置がセクタを認識できなくなったり、
回復不能エラーが発生する可能性があります。

なので、できるようであればすぐにデータのバックアップを行い、それから不良セクタの
修復機能を使ってみたり、HDDを交換するなどの処置を行われることをお薦めします。

貴重なファイルのコピー保存が間に合わず先にHDDが壊れた時はすぐに専門のデータ救出サービスに
連絡をして、内部のプラッタから抽出する形で復旧してもらわれることをおすすめします。

 





ハードディスクドライブ | 記憶メディア
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-450.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.