データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【自作パソコン組み立て制作時のトラブルとは?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


自作パソコン組み立て制作時のトラブルとは?
自作でパーツをつなげてパソコンを組み立てる際に、特に注意すべき事はやはり、
CPU、マザーボード、電源、メモリ、ハードディスクなど各パーツの接続時です。

すなわち、ケーブルのコネクタやプラグの一本でも差し間違えて、
もし曲がったりしてしまったらその部品が使えなくなってしまう事もよくあります。

どれも高価で貴重な機材なので組み立て時には十分に慎重を重ねて作業してください。


組立パソコン製作の注意ポイント



よく起きてしまいがちな制作ミスのトラブル例として、

・マザーボードへの配線接続ミス。

・CPUの取り付けミスによる折れ曲がり。

・電源ボタンを押しても起動しない。

・冷却ファン(クーラー)の回転が回らない。

・ハードディスクドライブが認識されず、モーターが回転しない。

・パーツの表面に傷や汚れが付いてしまう。

・OSのインストールに失敗してしまう。


といったものがあります。




特に難しいのが電源ユニットなど、複雑で数の多いプラグを
マザーボードへ繋げて設置する際の工程ですね。

似たようなプラグが多いので正確な配置をミスしてしまう事があります。

特に、マザーボードのCPUソケットに取り付ける[CPU]
(Central Processing Unit-演算装置と制御装置にあたる中央演算処理装置)を
はめこむ時に、ピンがずれないように十分に注意します。

また、CPUクーラーをCPUプリント基板に取り付けたり取り外す時、
力を込めすぎて固定レバーのプラスチック部分が割れてしまうと、
マザーボードへの固定ができなくなってしまうので、慎重に作業を行う必要があります。

同じく、メインメモリもソケットに取り付ける時、固定レバーで
しっかりと接続で来ていないと起動の時にエラーが出てくるので、
念のためにちゃんと差し込まれているか、確認をします。

各パーツやサプライは極端に性能の差が激しい組み合わせは控えて、
なるべくバランスのとれたスペックで組み合わせて組み立てると良いです。

あまりスペックに差があると、性能の低いパーツに負荷がかかり
結果として完成した自作パソコンはネットやアプリケーション、ソフトウェアの
読み込みが遅くなってしまう事もあるためです。


どうしても組み立ての作業がうまくいかずに、問題の出ている箇所がわからずに、
自作パソコンが起動できない時は、お近くのパソコン修理サポート店に問い合わせて、
作業の代行を頼まれてみる事もおすすめします。

 





壊れたPCからの交換 | 自作パソコン
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-45.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.