データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ハードウェアの安全な取り外しに失敗して異常が出た場合は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ハードウェアの安全な取り外しに失敗して異常が出た場合は?
外付けHDDやRAID、microSDカード、USBメモリーカード、MOディスク、プリンター(複合機)などの
USB接続端子からパソコンに繋げる外部のリムーバブルメディアを取り外す際には、

なるべく急にUSBケーブルを抜くよりも、Windowsのデスクトップ画面の右下タスクバーの
インジケータ欄にある、『ハードウェアの安全な取り外し』のアイコンでシステム的に
遮断する方が、データ記憶装置を正常に取り扱いできるための安全性が高いです。

USB機器の電源を入れたまま、ないし接続したままコードを抜いてしまったり、
上書き中・読み込み中に急にハードウェアを取り外したり電源を切ると、
書き込みデータが壊れてしまったり次回からのデバイス認識がうまくいかなくなる事があります。

また、万が一、パソコンの起動に異常が出てしまうケースもあります。

「ハードウェアの安全な取り外し」の最中にも焦ってコードや電源を切ったりはせず、
取外し動作完了のメッセージが表示されるのを確認してからUSBポートのプラグを外されてみてください。

デバイスマネージャーやマイコンピュータに表示されなくなったり、
アイコン内のフォルダが開けないといったトラブルが発生したらまず、
パソコンや外部機器の電源を一度消して再び起動してから、もう一度接続し直してみましょう。




それでもハードウェアの安全な取り外しに失敗してしまったら、
コントロールパネルにある「デバイスマネージャー」の画面を開きます。

その中の「ポータブルデバイス」などの項目を開いて、『×、?、!』などのエラーマークか、
不明なデバイス』というメッセージがある時には右クリックで「削除」をします。

そして、ハードウェアをUSBコネクタから取り外して、パソコンを再起動してから
もう一度接続をしてみると、アクセスできる見込みがあります。

またはプログラムの再インストールをされて対処されてみてください。

外部記憶装置を無事に認識できて読み込めたのはいいけれども
もしリムーバブルディスクの内部にあったはずのファイルが壊れていたり消えていた時は、
それ以上は開いたり上書きしたりはせずに、一度安全な取り外しをします。

ファイルが消えたり破損したデータ記憶装置を、プロのデータ復旧サービスに
問い合わせて郵送などで提出する、ハードウェアの診断を依頼されてみてください。

 





外部接続型周辺機器 | ハードウェア
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-449.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.