データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【故障したハードディスクのデータは取り出しできる?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決のアドバイスやレスキューサービスを掲載しています。


故障したハードディスクのデータは取り出しできる?
パソコンに内蔵されたハードディスクドライブが物理障害で故障して開けなくなったり、USBメモリや
DVD-Rが割れたり、SDメモリーカードの接続部分に傷や錆がついてしまう、といった物理的な破損で
完全にパソコンのエクスプローラー(マイ・コンピューター)などで読み込みができなくなった場合は、
復元システムやアプリケーション上では内部ファイルの復元やバックアップができなくなります。

精密機器の物理障害の場合は、設備や作業の難易度・費用の面で修復が困難になりやすいです。

その際に、機材の分解作業はできる?という疑問について。

シリアルATA ハードディスク

まず、結論から書きまして、「ヘッドクラッシュ」など重度の物理障害が発生していると
クリーンな設備や技術力が必要になる作業のため、個人ではほぼデータの取り出しが不可能です。

たとえばハードディスクを下手に分解すると大気中の埃や塵、水分が
非常にデリケートな精密機器部分に付着し、かえって症状を悪化させてしまいます。

また記憶部分のチップを取り出してもそこからデータファイルを抽出できる装置を
持っていなければ他のメディアに移し変えることができません。

そんな時には物理障害からの救出サービスを実施されている
プロのデータ復旧センターで保存機器を分解してもらい、無事な内部データーの
記憶部分(プラッタ)を取り出してもらい、他の媒体に移し変えて復旧してもらうことができます。


軽度の破損の場合


「コントローラーボード」や「インターフェース」の部分に少し問題が出ているくらいの
軽度のトラブルの場合は、Windowsでストレージの中身が開けなかったとしても
Mac OS XやUbuntuなど他のオペレーティングシステムで接続すると
フォルダーの中身が読み込まれて無事に展開できる場合もあります。

また、「S.M.A.R.T.(スマート)」などの状態や寿命推移の検査機能を読み込む
メーカーから配信されているモニタリングソフトでハードディスクを読み出しすると、
損傷の出ている部分をチェックしたり、エラーを修復して直すこともできます。

ですが、RAIDやNASのディスクアレイ崩壊や、二台以上のHDDの故障といった
より複雑な故障のケースになると、個人でデータの取り出しをするのは難しくなります。

RAID装置

データ復旧作業は清潔なクリーンルームの内部で整った設備の元、プロのスタッフが時間をかけて
精密な作業を行い、やっと取り出し作業が完了できる、という非常に高度な技術とIT環境を
必要としますので、くれぐれも故障した電子機器や保存カードを個人で分解されるのはお控えください。

注文の際には、先に初期診断によって、故障したハードディスクの内部に保存されたファイルを
取り出しができるかどうかをチェックしてもらい、それから改めて注文を行なうサービスを
実施されているデータ復旧サポートも数多くあります。

 



物理障害・論理障害 | データファイルの復旧・復元

 ※問題解決のご質問、訂正の箇所、新規掲載のご要望等は、トップページの概要事項の項目の、
 メッセージの投稿用フォームにて幅広く受け付けています。





URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-443.html
Copyright (C) 2007-2019 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.