データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【iPod mini(アイポッド・ミニ)の楽曲ファイルを復旧させるには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


iPod mini(アイポッド・ミニ)の楽曲ファイルを復旧させるには?
Appleのデジタルオーディオプレーヤー:『iPod mini』(アイポッド・ミニ)とは
現在普及されているiPod nanoの前機種であり、iPodの小型版として登場しました。

ストレージはMicrodrive(マイクロドライブ)が採用されており、
Mac OS XとWindows双方のオペレーションシステムに対応されています。

ですが後継機種にてフラッシュメモリを搭載したiPod nanoが発売されたために
その後は生産が終了されています。

そのかわりAppleサポートにより、トラブルシューティングや修理サービスは受け付けられています。

しかし、iPodシリーズの内部装置にダウンロード・保管した音楽ファイルのバックアップや
復元のサービスはアップルテクニカルサポートでは本体の修理・交換のみで基本的に行われていません。

もし間違えて保管していたデータを消してしまった場合にはパソコンに接続してデバイスに認識させた後に、
  • iPod music recovery software(アイポッドミュージックリカバリーソフトウェア)
  • Pro Data Doctor(プロデータドクター)
  • Data recovery(データリカバリー)

といった、PCの外側にある電子機器にも接続コードを通して読み込みして中身のファイルの状態の
スキャン・検出・復活作業が行える「ファイル復元ソフトウェア」によって、
失った音楽データなどの修復を試みる方法を取る事ができます。




また、パソコンに、アップル社から提供されています管理ソフトウェア
『iTunes』(アイチューンズ)をインストールします。

iPodなどのモバイル端末を付属のUSBケーブルで接続すると動機が始まり、
『バックアップと復元』といった項目により、データのコピーを行います。

iPodが故障した時に買い直したりする場合にはこちらから新しい機種にデータを移し替えて復元できます。

マイクロドライブや内部機器が水濡れや角、側面、モニタ部分の強打などで
本体そのものが故障してパソコンから読み込めなくなってしまった場合には、
iPod miniにも対応されているデータ復旧サービス会社にて取り出し作業の依頼を行われてみてください。

なお、アイポッド本体の分解作業が必要になる時もあります。

また、機体の修理が後で出来なくなってしまうケースもあります。

復旧診断の際にアドバイザーの方と詳しく打ち合わせをされてみることをお薦めします。

 





外部接続型周辺機器 | iPod
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-428.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.