データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ファイル共有ソフトウェアからの情報流出には要注意!】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ファイル共有ソフトウェアからの情報流出には要注意!
ネットワーク上からコンピューターでのインターネットのアクセスを通して
各サイトから音楽ファイル:新曲・人気歌手の曲・BGMなどがデジタル上で購入できたり、
おもしろ映像やなど様々なファイルやツールを使用できるファイル共有ソフトウェアは
大変人気が高く、世界中でインターネットを介して大勢の方が使われています。

製作したデータをファイル交換ソフトによる場を通して配布したり、また他の方が
作成されたプログラムをパソコンに取り入れる際には、いわゆる情報を共有して
交換し合うことにもなりますので、個人・企業用を問わずにコンピューターの
セキュリティ対策をしなければ思わぬ流出アクシデントを引き起こしてしまいます。

有名な流出事件として数年前に話題になったソフト『Winny』 (ウィニー)などが挙げられます。

Antinnyなどのコンピューターウイルス感染を媒介にして個人情報が開示されてしまう
恐ろしいトラップに、多くのユーザーの方々が被害に遭われてしまいました。

逆に貴重な個人データを共有させてしまうアクシデントが発生したという事ですね。

動画と同じく一度インターネット上にアップロードしてネットワーク全体的に
流出してしまったファイルは全て回収するのが非常に難しくなります。

特に企業データや個人情報の場合、ネットの裏側に潜む多くの悪徳業者にも
見られてしまう事になり、とてつもなく危険なケースに陥る可能性も高いです。




自分しか使っていないパソコンどころか、家庭内で共有しているパソコンや
会社内のコンピューターで情報漏えいが発生してしまうと被害がとてつもなく
甚大なものとなりますので、決してデータ流出の可能性を無視すべきではありません。

ファイル共有ソフトを使用する前には少なくとも、ウイルスバスターやノートンアンチウイルスなどの
優秀なセキュリティ保護ソフトをインストールしてネット上の監視体制を十分に整えるようにしましょう。

ただ、それでも新型ウイルスやハッキングの手口にかかってしまうなど
100%防止できるとは限らないので、問題がありそうなファイルはDLしないようにしたり、
あまり非一般的なウェブページの奥深くまでは入り込まないように心がける事も大切です。

企業の場合は、従業員のIT教育と情報管理にも積極的に取り組むようにしましょう。

もし情報漏えいやデータ破損などのトラブルが実際に起きてしまいましたら
決して慌ててうかつな操作をされずに、ウイルス駆除・パソコン修理・データ復旧・
システム管理など各方面のサービスにお問い合わせをされる事をお薦めします。

 





セキュリティ対策方法 | ソフトウェア
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-414.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.