データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【パソコンの読み込み速度遅延によるプログラム障害を防ぐには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


パソコンの読み込み速度遅延によるプログラム障害を防ぐには?
パソコンでネットを開いている時やアプリケーション、ツール、フォルダ内の
ファイルを立ち上げている時、または動画などを閲覧している時に
PCの読み込みが遅くてなかなか開けないという時がよくありますね。

パソコン本体やOS、ハードディスクが旧型であるほど読み込みは基本的に遅く、
またデータ容量が多いほど遅くなりがちになります。

動作が少し遅いだけならまだ我慢できても、問題はパソコン本体に多大に負荷がかかり、
読み込み中や動作中にフリーズやバックスクリーン、強制シャットダウンなどの故障を引き起こして
肝心のデータや機器まで破損してしまうケースに遭遇する可能性すらあります。


読込遅延によるエラーを回避


これを避けるに一番てっとり早いのが最新機種への買い替えですが、
今のパソコンをディスククリーンアップディスクデフラグでデータを整理したり、
フォルダーの内部の使わないプログラムの個別データや、プログラム自体を削除する事で、
ボリュームの空き容量が軽くなり、パソコンの読み込みも若干安定してきます。




また、負荷がかかっているアプリケーションを見極めて
プログラを削除、あるいは設定調整をかけるのも、問題を防ぐ一つの方法です。

「Ctrlキー」+「Altキー」+「Delキー」を同時に押して
タスクマネージャーの画面を開き、CPUやメモリ、ディスク、ネットワークで使われている
それぞれの容量でどのアプリケーションに使用されて圧迫しているか、確認します。

容量をかなり使っているアプリケーションのプログラムがありましたら、
設定変更の画面で機能を制限するか、アンインストールをして軽減します。

読み込み遅延はCPU(シーピーユー)の処理速度と、メインメモリの容量にも大きく左右されますので、
パーツのスペックが低い時は、より性能の高い部品に交換を行ってもらうと良いでしょう。

もしデータが完全に読み込めなくなってしまってもまだ、
専門業者のデータ復旧サービスにて診断して、一定の高い割合で
失ったファイルを復元してもらうこともできますので、決してあきらめないでください。

 





プログラムが開けない | プログラミング
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-41.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.