データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【RAIDの設置でHDDのデータを失わずに済む?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


RAIDの設置でHDDのデータを失わずに済む?
ご使用のパソコン本体に内蔵されているHDD、または外付けの
ハードディスクドライブは、PCのデータファイルやプログラムを保存する要となる
大変貴重なパーツですので より大切に取り扱う必要があります。

しかしながらハードディスクには負荷がかかりやすく、ヘッド障害や老朽化など
一番故障を起こしやすい機器で、また修理がきかない消耗品でもあり、
内部データの復旧を依頼する必要が出てしまう可能性も高いです。

いつ壊れるのかも分からないですし、HDD一基のみでは心もとない難点もあります。

そんなHDDの欠点や不安な点を補うために、複数のハードディスクを一つに
繋げるように組み合わせて一つの媒体のように設置する、『Raid(レイド)』という
技術システムが大変有効で役立ちます。

RAID機能搭載NAS

いくつものHDDを搭載してあるRaidは、例えばそのうちの1~2基が物理的な障害で
破損してしまっても、残りの取り付けてあるハードディスクドライブが無事であれば
データや設定を共有しているので貴重なファイル・アプリケーションを失わずに済みます。

壊れた部分をすぐに取り外して別の新しいHDに交換してRAIDを修復すれば
また以前と同じ状態で引き続き使用できますので安全に管理する事が可能です。

一基あたりの負荷も減り高速処理化もできますので、
以前のRAID設置前よりもスムーズにPC作業を行える利点もあります。




一方でネットワーク上からコンピューターウイルスに感染してしまう障害が発生したり、
間違えて必要なデータをフォルダーから消去してしまったり、
まだデータのバックアップをしていない時にディスクアレイの構築モードを変更して初期化をすると、

RAIDのすべてのハードディスクに保存した同じファイルが同時に失われてしまいいます。

ミラーリングディスクの技術だけではシステム的なアクシデントには対応できないのですが、
コンピューターの故障トラブルの中で特にやっかいな物理障害には非常に強い製品です。

貴重な企業データなどを頻繁に取り扱うパソコンにはぜひ導入されてみると良いでしょう。

使用方法や設定によってRAID0、1、5、6、10、ハードウェア方式、ソフトウェア方式
などいくつかの種類がありますので、特に用途に合った方式を導入される事で
より良く活用する事ができます。

またRAID自体も全国で営業されています[データ復旧サービスセンター]の取り扱い対象になるので、
いざという時の復元依頼も可能です。

 





RAID・ミラーリング | 周辺機器
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-407.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.