データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ファイル交換ソフトの問題点とは?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ファイル交換ソフトの問題点とは?
インターネットのユーザー同士で普及されているファイル交換ソフト
(共有ソフト-File sharing software)とは、ネットワーク接続間の通信を用いて不特定多数の
ユーザー複数同士が同じファイルを共有して使用する機能を備えた、アプリケーションプログラムです。

主なファイル交換ソフトウェア
  • BitTorrent:ビットトレント
  • WinMX:ウィンミックス
  • Cabos:カボス
  • Winny:ウィニー
  • perfectdark:パーフェクトダーク
  • Profes:プロフェス
  • Share:シェア

近年のブロードバンド接続の発達によりアプリケーションにも急速な普及が始まりました。
多数の使用者により構築されているためソフトウェアそのものが一つの巨大なネットワークとも言えます。

共有ソフトのネットワーク被害


現在でも数多くの種類のソフトウェアがあるのですが、今までの共有ソフトの
歴史の中には様々な問題を引き起こすきっかけになってしまった物もあります。

ファイルシェアリングソフトウェアは不特定多数の利用者同士で誰でもダウンロードして使用ができる
という性質上、著作権の侵害による音楽や映像、そしてIT(インフォメーションテクノロジー)など
各業界への被害と、その訴訟問題が多発して、しばしばソフトウェアの配布停止や撤廃が見られます。




Winnyからの情報流出事件


有名なのがP2P技術の応用作であるWinny(ウィニー)で、著作権の侵害や個人情報の
大量流出、コンピューターウイルス感染といういくつもの大きな問題をネットワークを通して
発生させてしまったため、一時期ニュースで社会現象になるほどの事件として取り上げられました。

ファイル交換ソフトには著作権の侵害をはじめとする悪用問題が常に起きているため、
この類のソフトウェアそのものが違法である意見もあり、合法か違法かどうかの議論も
繰り広げられています。

大変普及率が高く便利なユーティリティではあるのですがその分、肖像権やプライバシーの侵害、
ウィルス感染といった被害のおそれもあるため、ダウンロードの前にはこれらのアクシデント
遭う可能性を考えてパソコンのセキュリティ対策を万全に整える事を推奨します。

そして自分自身とソフトウェア、各業界のためにも、決して悪い方向に使わずに
常に節度あるユーザーである事を心がけましょう。

 





セキュリティ対策方法 | ソフトウェア
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-406.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.