データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【タブレットPCのモニターが映らない時にデータを復旧するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決のアドバイスやレスキューサービスを掲載しています。


タブレットPCのモニターが映らない時にデータを復旧するには?
板状の形をとったコンピューターの端末「タブレットPC」(tablet)を日々お使いの際、
オペレーティングシステムや液晶モニターの画面の異常などが起きてしまい、
画面が正常に映らない状態になった時には、どうすれば内部のデータを開き直して
復旧することができる?という疑問について。

タブレットのモニタ

まず、タブレット端末(またはスレートPC)の液晶モニターを割ってしまった場合は、、
そのままでは何も閲覧できない状態になるのですが、内部のデータが保存された
内蔵フラッシュメモリやSDメモリーカードの方はまだ無事である可能性も高いです。

ひとまず、SDメモリーカードの取り付けができるタブレットPCの製品であれば、
本体の差込口から取り外して、USBカードリーダ/ライターなどを購入して、
パソコンにつなげて中身のデータを読み込みしてバックアップすることができます。

その際、まだOSが正常に動いている状態である場合は、マウント解除がされます。

タブレットコンピュータの端末本体の画面が割れただけで、電源自体はまだ付いて
オペレーティングシステムも立ち上げができる状態でしたら、
内部に保存されている一部のデータは、パソコンと同期することで開ける見込みがあります。

付属のUSBケーブルをタブレット端末とPC本体のUSBポートにつなげて、
専用の管理ソフトウェアをWindowsやmacOSにインストールして、同期をします。

パソコンから見て、内蔵フラッシュメモリーやSDメモリーフォルダーが開けて
ファイルが表示されていれば、バックアップを取る形でデータを復元することができます。

ですが、液晶モニターが大きく割れた状態だと、内部のパーツも損傷していたり、
または電源を付けることで故障が悪化する問題が出るおそれもあるため、
データの移行作業自体は、カスタマーサポートか、データリカバリーサービスに
問い合わせて、行ってもらった方が安全です。




もし事前に、iPadでのiCloudなど、クラウドストレージのサービスに登録されていましたら、
写真画像やメール、一部のメモなどのテキストのデータは、そこから引き出して
復旧することもできます。

ですが、これまでにインストールした特殊なデータの一部はバックアップされていない、
という場合には、別のサルベージの方法が必要になることもあります。

たとえば、ストアのアイコンから「ファイルエクスプローラー」といった
アイテムをインストールして、そのアイコンをタップして起動します。

上部のメニューでの「mnt」→「/」(端末本体の内蔵メモリ)
→「system」→「app」という具合にフォルダーを進めて、
そこの領域に今までに使ったフォルダーの一覧が出ているかどうかを確認してみます。

ここに表示されていましたら、各機能を備えた「設定」メニューを開いて、
そちらにフォルダーの一覧が映っていて設定変更ができるかどうか、確認します。

※OSのバージョンやタブレットPCの機種によっては
 操作方法やフォルダーの配置場所が若干異なる可能性があります。

なお、ネットワークへの接続で。事前にインターネットストア関連のデータから
「自動バックアップ」といったサービスのアイテムをインストールして使うと、
すべての安全に予備のデータとしてバックアップしておくこともできます。

もし通信ができない、または何も表示されなかったり、以前の状態が回復できなかったら、
もう一度、開発先のメーカーで実施されているカスタマーサポートか、
データ復旧サービスの方へ出して診てもらってみてください。

最新のタブレットコンピュータを購入して使用していたら、
うっかり画面ホームのアブリを間違えてアンインストールしてしまった、という時には、
再度インストールするにはどうすればいい?という場合は、

ご使用されているタブレット・コンピューターの同じプラットフォームが搭載された
別の機種での例にとして、Google(グーグル)といったストアのアイコンを開いて
インストールした分の履歴が 右上に[×マーク]が付いた状態で残っていることがあります。

思い当たりそうな名前が出ていましたら、その名称でGoogleまたはAppleのストアあたりから探して、
再度インストールを行ってみてください。

ですが、やはりまずは上記のように、パソコンで読み込みして外部デバイスとして認識できる
タブレットPCは、エクスプローラーやFinder、または専用の管理ソフトウェアを用いて、
上から内部フォルダを開いて、インポートなどでのデータの取り込みによる
バックアップを試してみてください。

取り込みファイル

液晶画面が割れていなくてもモニターが見れない場合も、電源自体がまともに起動できるなら
同じようにパソコンに接続すれば、PCのモニターで読み込んで開ける可能性もあります。

また、内蔵のバッテリーがかなり古くて使いこんでいると、故障もありえます。

内部のフォルダーがパソコンから読み込めない仕様の製品だった時は、
専門の電気店、またはデータ復旧サービスに、壊れたタブレット端末を
持っていって診てもらわれることをおすすめします。

 





Dataの取り出しの案内 | ソフトウェア
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的にアドバイスやサービスを提示できます。








URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-406.html
Copyright (C) 2007-2018 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.