データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ゴミ箱ツールの削除ファイルを復活させたい時は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ゴミ箱ツールの削除ファイルを復活させたい時は?
パソコンをよく使うほどゴミ箱ツールの中には大量の削除ファイルが保管されています。

例えばお気に入りやいらなくなったフォルダをまとめて抹消したり、
インストールしたソフトウェアの作成フォルダを『プログラムの追加と削除』から消去せずに
そのままマイコンピュータ画面からごみ箱に移送してみた場合について。

この場合は一気に数百メガバイト~数ギガバイトもの容量のデータが含まれる事になります。

そしてファイルの量が多くなるほどPC全体の空き容量が少なくなり、
動作の遅延など若干の支障をきたすため、
時々「ごみ箱を空にする」や「ディスククリーンアップ」で一括消去を行う必要があります。

ですが、この際にうっかり必要なファイルまで紛れてしまい、
場合によっては数ヵ月後も後になって気づいてしまうケースもありえます。



あまり時間が経ちすぎると新しく入ってきた不要なファイルやフォルダ群に
上書きされていき、ごみ箱ファイル復元の出来る確率も下がってしまいます。

空にする前でしたら、もちろんまだフォルダの中に残っています。

なので、マウスによるドラッグやコピー・ペーストでマイコンピュータや
デスクトップに貼り付けてアンデリート(undelete)ができます。


しかし、パソコンのローカルディスク(C:)であるプライマリパーティションのHDDの中で
拡張子を抹消してから何ヶ月も経った後では、
何度もごみ箱のデータ(HDDのセクタ)の中身や痕跡が入れ替わってしまいます。

そのため[ゴミ箱データ復元]のできる確率がかなり下がってしまいますのでご注意ください。




ごみ箱フォルダーの中身をすべて「ゴミ箱を空にする」などの操作を入力して消してしまっても、
すぐに気づければ、まだ市販のデータ復活ソフトウェアやシステムの復元機能、
またはプロの「リカバリーサービスセンター」で、消去したファイルの修復ができます。


また、現在では数百から数千ものファイルを一括でごみ箱からのデータ復旧ができる分、
元に戻したいデーターを探し当てるのにもひと苦労です。

実際に目視で探してみるとこれがまた結構大変な労力になります。


なので、検索機能などを用いて蘇ったファイル内の探索をされてみる事をオススメします。

場合によっては肝心の必要なプログラムが再生できてなかったり、
あるいは最初からゴミ箱には入っていなかった、というミステイクが出てしまうケースもあったりと、
データ救出作業は意外と複雑で面倒な事も多いです。


しかし、やはり修復して探されてみる事で得られるものも多いです。

なので一度は、ゴミ箱のデータ復活の作業を専門の復旧サービスセンターに問い合わせて
注文されてみる事をおすすめします。

 





ごみ箱の削除後の復元 | ファイル
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-393.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.