データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【故障したマザーボードの修理・交換を行う時は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


故障したマザーボードの修理・交換を行う時は?
パソコンを構成するメインパーツの一つ、マザーボード [Motherboard](メインボード [Mainboard])は、
上の写真のように無数の精密b品やチップ、配線が複雑に設置された一つの電子回路基板です。

メモリや拡張スロット、CPUなどの他パーツを取り付ける事から、マザー・MB。MBU
(Motherboard Unit)と呼ばれています。(Macintosh用の母板はロジックボード。)

自作PCを製作された事のある方でしたら馴染みが深いと思うのですが
組立の際に電源ユニットやUSBポート、CPU、ビデオカード、音源、IDEなど
いくつものコンポーネントを接続しなければならないため、
組み立てるには結構な手間と知識、そして精密作業が必要になります。

マザーボード

組立パソコン制作の経験がない方でもメモリの増設などパーツの取り付け
くらいの作業でしたら、取扱説明書に沿って進めるだけでわりと簡単に接続する事ができます。

ですが、一度PCケース開けてしまうとメーカーや販売店舗の年間保証サポートが
受けられなくなるため、市販のパソコン製品の場合は必ず保証期間が過ぎてからにしましょう。

組み立てや交換、接続の作業中にマザーボード本体の部品に傷が付いてしまったり
プラグや接続面が曲がってしまうとそれだけで故障の原因となりえますので、
取り扱いの際には決して乱暴には扱わず、ひとつひとつの作業を慎重に進めるようにしましょう。

また、CPUの接続面など、取り付ける各主要コンポーネントの方でも差し込み方が
悪いとプラグが折れたりして使い物にならなくなる事もあるため作業の正確さが大変重要になります。
(かくいう管理人も一度、交換に失敗してしまったことがあります。)

インテル製、ギガバイト製などメーカーによっても相性などが違いますので、
マザーボードや部品の購入の際にはよくチェックをしておくす必要もあります。

Motherboardのメーカー一覧
  • ASUS
  • ABIT
  • ALBATRON
  • AOpen
  • ASRock
  • BIOSTAR
  • DFI
  • ELITEGROUP
  • FOXCONN
  • GIGABYTE
  • Intel
  • JETWAY
  • MSI
  • Supermicro
  • TYAN
  • VIA

コンピューター本体のサポート保証期間がまだ残っている場合は
よほど急いでいなければ、自分で行うよりもメーカーや私設のPC修理サービスの方へ
送付してマザーボードや部品を修理交換してもらった方が確実です。




自身で交換を行う際にはくれぐれも基盤を傷つけないよう慎重かつ正確に、また
各装置の接続部分を記憶・記録して配線ミスのないように注意する事も大事です。

もし取り付け作業に失敗して、PCが起動できない、Windowsが開かない、電源やファンが作動しない、
といったアクシデントが起きてしまった場合は、すぐに電源を消して接続ミスがないか確認しましょう。

その際に無理にコードを引き抜いたり乱雑に扱うのは危険なので、あくまでゆっくりと精密に作業を行います。

どうしても組み立てや交換がうまくいかなかったり、ご自身で換装を行うのが難しそう、という場合は、
それ以上電源を動かさず、プロのパソコン修理サービスに作業をしてもらってみてください。

なお、ハードディスクやOSも故障していた場合は今までのデータを初期化する前に、
専門のデータ復旧サービス店に内部の分解・抽出によるバックアップ回収を行ってもらうことで、
保管していたファイルやプログラムを保存し直す事ができます。

 





壊れたPCからの交換 | パソコン分解
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-385.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.