データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【内蔵HDDのデータ取り出しをする手段】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


内蔵HDDのデータ取り出しをする手段
据置型のデスクトップパソコンやiMacのような液晶一体型化のマシン、通常サイズのノートパソコン、
Macbookのような薄型パソコン、ネットブックのようなモバイルPCなどには基本的にすべて、
二次記憶装置の「ハードディスクドライブ」が内蔵されています。

(またはSSDのような内蔵メモリが搭載された製品もあります。)

SATA,IDE HDD

長く同じ記憶装置を搭載して使っていくうちに、ある時パソコンのシステムか
内部の回路の調子が急におかしくなって正常に開けなくなることがあります。

特にデスクトップ画面までの起動にたどり着けず途中で止まったりループしてしまうとまた大変です。

内蔵されたHDDに書き込まれていたすべての大事なデータファイルまでが
読み込めなくなった時はどうすれば取り出しできる?という疑問について。




OSの再起動の試み


まず、今コンピューター上に起きているトラブルがオペレーティングシステムの不具合による
ケースでしたら、電源を入れてからBIOSロゴ画面でF8キーを数回を押して
[セーフ モード]で起動する手順を試してみましょう。

セーフモードを一通り試してもOSが開けなかったら、
OSの起動ディスクをDVDドライブ装置のトレイに挿入します。

そして「システムの復元」や「スタートアップ修復」「回復コンソール」
といった復旧の手段を一通り試してみて下さい。

(※OSを再インストールをすると内蔵HDDのデータが取り出しの前に
 初期化されて消えてしまうので、この段階ではまだ控えて下さい。)

これでも修復できない時は、今度はDVDドライブにLinuxディストリビューションの
「Knoppix」や「Ubuntu」のOSを書き込んだディスクを挿入して起動します。

これらLinuxのOSでコンピューターを開けたら、外付けHDDやUSBメモリを接続して、
CドライブやDドライブのデータを全部そちらにバックアップして回収していきましょう。

その後でOSのリカバリー(再インストール)を行います。

ですが、BIOSのロゴマークも表示されず内蔵HDDやコンピュータ自体がなぜか動かなくて
これらの方法が使えない、という場合は、一度そのマシンから内蔵HDDを取り出して
別の壊れていないPCの方に交換して開いてみて下さい。

別のマシンの方で普通にOSやデスクトップ画面が開けたら、PC本体の別のパーツ
(メモリやCPU、CPUクーラー、マザーボードなど)の方に
部品の故障や配線の接続不良などの問題が出ている可能性が高いです。

※別のハードディスクに交換かまたは増設をしたあとでマイクロソフト・ウィンドウズの
起動画面が表示されないエラーが発生してしまうようなケースも稀にあります。

パーツ同士のスペック(性能)や容量の相性などにご注意ください。

同じ種類のコンピューター製品の予備のマシンをお持ちでない時は、パソコン修理サービス店に
持って行って取り外してもらい、対象のHDDの読み込み作業も行ってもらいましょう。

特に小型で薄いノートPCやモバイル機器は、
個人ではケースの取り外しや部品の分解が難しい物も多いです。

もしパソコンを変えても内蔵HDDが反応しない時は逆にそのハードディスクドライブが
回路のクラッシュや老朽化等で壊れているおそれがあります。

その場合は、専門のデータ復旧サービス店の方に持って行って、
内蔵HDDのデータ取り出しの作業を行ってもらってください。

 





ハードディスクドライブ | ハードディスク
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-380.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.