データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【完全データ復元PROを使って失ったファイルを修復】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


完全データ復元PROを使って失ったファイルを修復
株式会社ジャングルから開発・販売されているソフトウェア[完全データ復元PRO]は、
AOSテクノロジーズの「ファイナルデータシリーズ」と並んで
パソコン販売店などの店頭で普及しているデータ復元専門のユーティリティーです。

完全データ復元プロ13

空にしてしまったごみ箱にあったファイル、フォーマットしてしまったデータ記憶メディア、
壊れたディレクトリ、間違えて消去したフォルダ内の拡張子、
といったデータを高確率で元通りに復旧させる事ができます。

例えばJPEGなどの画像ファイルや、動画(ムービー)、電子メール、音楽のMP3、エクセルの計算表、
ワードや一太郎の文書、HTMLのウェブページ用ソース、ドキュメント、圧縮形式の拡張子など、
一般的な一通りの拡張子でしたら、検出と回復の対象になります。

更にコンピューターウイルスによる破損、バグ・エラーにより破壊されたプログラム、
断片化が起きたファイルの修復、ローカルディスク内だけでなく外付けのデータ記憶メディア内に
保管してあったファイルの方も読み取って復帰できます。

Windowsでエクスプローラーに表示できないほかのコンピューターでフォーマットされた
ハードディスクでも、この「完全データ復元PRO」なら読み込みできる物も多いです。




『完全データ復元シリーズ』は通常版の他に、
デジタルカメラや携帯電話のSDカード、xDピクチャーカード、CF(コンパクトフラッシュ)、
USBフラッシュメモリ、マルチメディアカード、マイクロドライブ、DVD-RAM、・CD-RW
などのリムーバブルメディア専門のフォト版も登場しています。

また、OSのシステムが起動できない時にCドライブのみの状態からでもDVDブートによって、
パソコンにインストールしなくてもDVDドライブ装置にディスクを差み込みして立ち上げができます。

他にもUSBコネクタからのデバイスへの認識が可能なUSB版
読み込めなくなってしまったハードディスクドライブ(IDE・SCSI・SATA・SATA2といった方式)や
パーティションが抹消された領域をスキャンして修復できるドライブ版

といったバージョンがありまして、各用途に分類して購入の選択ができます。

また各製品には「お試し用の試用体験版」もあります。

ご購入の前にソフトウェアからの復旧が可能かどうかをチェックするためにスキャン機能のみが
搭載された試用版を先にインストールして、破損の状況を見てみるのも一つの手順です。

そしてその後、復元機能が付いた製品版を購入して
完全データ復元PROをアップデートして、作業を実行します。

ですが、データの消えたHDDに直接インストールするとユーティリティーのシステムが
新たにドライブに書き込まれて、壊れたデータの痕跡が一部上書きで消えてしまう可能性があります。

復活させたいファイルがそのローカルディスクの中に内にある場合は試用版や製品版を
そのままインストールせずに、CD/DVDブートやUSBブートでアプリケーションを立ち上げてください。

もしハードディスクやメモリーカードが「物理障害」により記憶装置に重度の破壊が起きて読み込み自体が
完全に不可能になってしまった時は、自身でのアプリケーションの使用による再生が難しくなります。

この場合には、専門のデータ復旧サービスへ問い合わせて、
内部のファイルのサルベージの作業を注文してください。

 





ソフトウェア | ソフト紹介
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-377.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.