データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【DVDディスクに付いた傷・汚れ・音飛びは修繕できる?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


DVDディスクに付いた傷・汚れ・音飛びは修繕できる?
パソコンやレコーダー、ビデオカメラなどの機器で映像を録画してデータとして保管できるDVD-R/RWの
録画用ディスクや販売用のDVD-ROM、プログラムファイルの書き込み保存用のDVD-RのDISC、
書き換えによる繰り返しの保存用に使うDVD-RWやDVD-RAM、DVD+DWなど、
DVDメディアのデータ記憶媒体は現在も様々な用途で普及しています。

DVD-Rディスク

CDディスクと同じくこのメディアで特に多く発生してしまうエラートラブルの一つとして、
デイスクの裏面(読み込み側の版面)に白いひっかき傷や汚れなどが付きやすい点があります。

その事が原因で記憶したデーターが正常にハードウェアで認識されなくなったり、
音飛びや映像のブレが起きてしまう現象が出たらどうすれば修繕できる?という疑問について。

まず、小さな汚れや異物の付着は、クリーニングペーパーなどで軽く拭き取って拭い落とせます。

しかし、全体的に大きな汚れや深いキズなどが付いてしまうと、
元に戻せない場合が多いのですが、専用の復元装置を使う事で、ある程度まで自身でも修復できます。

まず、自分自身でディスクを修繕したい方、DVDを頻繁に使用されている方には
CD・DVD自動修復機・ディスクリペアクリーニングキット
自動ディスク修復&クリーニング機 NEWディスクリペアープロ

など市販で購入できる修復装置がおすすめです。

最新のナノテック技術が採用された、修復液による洗浄作業である程度、
ディスクの版面を綺麗に掃除して、かすれやブレ、音飛びなどをなくして再生させる事が可能です。




版面の裏側に付いた細かいキズや付着物の洗浄を行います。

深層部にまで達している深いキズや融解した部分までは元に戻せないこともあるのですが、
軽い傷や摩擦、汚れくらいの症状でしたらほぼ回復させることができます。

一部のパソコン関連機器の修理サポート店や電気店で、研磨機が置かれていて
ディスクのクリーニングを行ってもらえるサービスもあります。

また、修復の難しい大きな傷跡ができてしまったり、機械を購入したくない場合には、
T to Net【ティートゥーネット】』などのディスク復元・洗浄サービスの業者で修繕作業の依頼をする方法もあります。

(※ディスクそのものの破損ではなくファイルの拡張子が破損していて映像の乱れや音飛びが出ていると
思われる場合には、その拡張子自体を動画編集用のアプリケーションなどを使って
エラーの箇所を発見して修復されてみてください。)

洗浄を行ってみた後でもやはりどうしてもDVDやCD、BDなどのディスクの読み込みができず、
一つしかなくて代わりの効かない重要なファイルなどが読み込みできなくなった場合には、

修繕作業も実施されています、ディスクメディアの物理障害に対応された
プロのデータ復旧サービスセンターの方に、電話や電子メール、FAXでお問い合わせをして、
書き込みしたファイルのサルベージの依頼をされてみることもおすすめします。

 





DVD-RAM/RW | DVD-Rなどの光学メディア
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-376.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.