データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【テラステーションから削除したファイルを復元するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


テラステーションから削除したファイルを復元するには?
BUFFALOから発売されていますネットワーク・アタッチ・ストレージ(NAS)の製品の一つ
テラステーション』(TeraStation)を日々使ってデータを管理している際に、

共有フォルダーやWEB設定などのページからアクセスして操作している最中に
誤った入力操作やフォーマットなどで必要なファイルを削除してしまったら、
どうすればネットワークドライブの機器から消えたデータを復元できる?という疑問について。

TeraStation


ごみ箱フォルダーから元に戻す


まず、「share」など通常の共有フォルダーからファイルを削除した場合、
WEB設定画面のページで「ごみ箱」の自動作成機能が有効になっていれば、
trashbox』(トラッシュボックス)のフォルダーが一つ上のディレクトリ内に表示されます。

trashbox

このゴミ箱の中に、消去したファイルが一旦、自動的に移行します。

こちらを開いて誤って削除したデータを選択して、
元の位置のフォルダーなどにコピー&ペーストか移動で貼り付けると、元に戻せます。

ゴミ箱からも削除していた場合にファイルの復元を行いたい、という際は、
TeraStationやLiknStationのNASはWindowsやMac OS Xのパソコンに対応された
ファイルシステムでフォーマットがされていないため、基本的には
専門事業のデータリカバリーサービスに出して、診てもらわれることを推奨します。




もしゴミ箱の機能を設定で無効にしていたり、例外的にごみ箱に移動せずに直接ファイルが
TeraStationから消えていたり、WEB設定ページで「すべての共有フォルダー内のごみ箱を空にします」
を実行していたり、またはフォーマットやRAIDの再構築、ディスクの削除などの操作を行った場合は、
ボリュームの初期化などによりファイルがそのまま消去されてしまいます。

ゴミ箱から消去

その場合は、あらかじめWEB設定画面で別の外付けハードディスクなどの補助記憶媒体に
バックアップデータを保存するように設定されていれば、そちらを開いてみて、
消えたファイルと同じものが保管されているかどうか確かめてみます。

しかし、テラステーションからのバックアップデータが取れていなかった場合は、
一般個人では少し復旧作業の難易度が上がってきます。


データ復元ソフトで回復を試行する


もしTeraStationから削除したファイルを個人で何とかハードディスクから復元させたい、
という際には、少し特殊なデータ復元ソフトウェアを使用します。

ひとまず、それ以上新しく電子ファイルを保存すると、まだセクタに残っている
前の拡張子の痕跡データが消えてしまうので、NAS本体の使用を控えてください。

BUFFALO製に限らず多くのNASでは、USB接続ではなくネットワークでアクセスする形になります。

また、Windows(ウィンドウズ)やMac OS X(マックオーエステン)では読み出しに対応されていない
『XFS』といったジャーナリングファイルシステムが登用されています。

そのため、普通のパソコン用のアプリケーションでは
TeraStationやLinkStation、LANDISKなどの内蔵ハードディスクへの読み込みができません。

そこで、こちらの例ではXFSの認識に対応されているバージョンの、
[SysDev Laboratories Japan]により開発・販売されていますデータ復元ソフトウェア
復旧天使』を使用して復元を試みる方法を紹介します。

(※パソコンから個人でTeraStationのハードディスクを読み込みを実行しようとすると後に
 アクセスエラーやRAIDの破損などの問題が発生する場合があります。
 作業を実行される際には、必ず自己責任の下でお願いいたします。
 なるべくであれば、プロのデータ復旧業者に注文された方がより確実です。)

まず、TeraStationのHDの収納ケースのキーを開けて、中からハードディスクを一台取り出します。

ドライブベイのマウンターに固定されたネジをプラスドライバーで外してハードディスクを分離します。

HDDの取り外し

次にデスクトップ型パソコンの内蔵のドライブベイに取り外したHDDを一時的に取り付けて、
予備のSATAケーブルと電源ユニットの使用していない中間コネクタを繋げて増設します。

あるいは、シリアルATA方式で3.5インチ型のハードディスク用のポータブルHDDケースの製品に
ハードディスクドライブを挿入して、USBケーブルからの接続でパソコンに繋げます。

パソコンを立ち上げるとBIOSやデバイスマネージャー、ディスク管理の画面で認識されます。
(ですが、基本的にエクスプローラーなどで中身のファイルを開く事はできません。)

次に、「復旧天使」のプログラムを購入して、パソコンにインストールします。

(最初は、消えたデータが検出できるかどうかの確認で、試用体験版を入手して
 後でライセンスコードを購入される方法でも大丈夫です。)

アプリケーションのアイコンをダブルクリックして起動すると、
最初にパソコンで認識できたすべてのストレージの一覧リストが表示されます。

TeraStationのボリュームは「SGI XFS パーティション」という緑色の印が付いた項目です。

親ディレクトリにあたるディスクドライブの名称(Drive2:Fixed PT USB PEC-SB2xなど)が
読み込んでいるストレージと合致していましたら、これを選択します。

右クリックして「データ復旧」の項目を押すと、ドライブスキャンによって
ハードディスクのセクタに残留しているデータの痕跡を検出する作業が始まります。

テラステーションのハードディスクの容量は基本的に500GB~数TBと大きめで
スキャンに数時間~数十時間がかかるため、しばらくの間、待機します。

共有フォルダー

作業が完了したら、左右にボリューム内部のディレクトリが表示されます。

この中の、trashboxにあたる位置のフォルダーや「LostFiles」といったフォルダーを開くと、
検出できた削除済みファイルの一覧が表示されます。

この中から必要なデータを選択して、「コピーして保存」の項目をクリックします。

パソコンの内部や別のデータ記憶装置のフォルダーを選択して、保存します。

ファイルの復元

最後に、破損した状態のファイルがないか保存先のフォルダーを
エクスプローラーなどから開いて確認して、ファイル復元の作業は完了です。

ですが、100%必ず修復できるとは限らず必要なファイルがたまたま
検出に引っかからなかったり、破損された状態で中途半端に復元される事もあります。

より確実に消えたファイルを回復させたい、という際には、NAS製品に対応で営業されています
データ復旧サービスセンターに問い合わせて、TeraStation、または内蔵されたハードディスクを
持込みか郵送で出して、診断とデータ復元の措置をしてもらうことを、やはりおすすめします。

 





TeraStation | コンピュータ関連
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-375.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.