データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【記憶装置の外部破損でデータが開けない時に読み込むには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


記憶装置の外部破損でデータが開けない時に読み込むには?
近年のパソコンやサーバー、モバイル端末などのコンピューター製品は、
技術の進歩により 読み込み速度や最大容量、グラフィック面でのビジュアル、
そして小型化といった、様々な面で大変すさまじい速度の進歩を遂げています。

そして機材の物理的な故障やOSのエラー、アプリケーションのフリーズなどの
今まで頻繁に起きていたアクシデントが発生する回数も格段に減少しています。

しかしながら、特に電子計算機の関連製品は
やはりそれでも日々の稼動や取扱いの時に負荷がかかりやすく、
時々まるで意図しないような破損の現象が発生する可能性も出てしまいます。

特に、パソコンのハードディスクやメモリーカード、ディスクメディア等は
うっかり機材の使い方や取り付け方、読み込みの仕方を間違えると
データの読み書きに失敗するだけでなく思わぬ破損を招くおそれがあります。

外部記憶装置

・まず基本的なミスの一例として、ハードディスクやSSDを
 IDE・SATA用ケーブルや外付けHDDケース、USB変換ユニット等に差し込む際、
 向きを間違えたり、ずれた位置で強引に接続しないように注意して下さい。

 よくありがちなミスなのですが、そのためにケーブルやユニットが割れたり
 プラグが折れ曲がって壊れてしまう事もあります。

 (筆者も以前に取り付け方を間違えて外付けハードディスクケースの一つを
 壊して使えなくしてしまった事がありました。)

 接続用の装置の方が故障しただけならまだ良いのですが、 ハードディスク本体の方の
 プラグが折れ曲がったり、コントローラに傷が付いて割れてしまったりしたら大変です。

 そのままディスク内部のセクタへのアクセスが出来なくなって、
 貴重なデータが開けなくなって結果的に閉じ込められてしまう事になります。

 ハードディスクの基盤(コントローラボード)は特に近年の物だと一つ一つの製品の
 形状が違う上に、フラッシュROMに記録されているファームウェアのデータも違います。

 そのため破損していない別のHDDのコントローラーに個人で交換しようとしても
 中身のデータを結局開けない事がほとんどです。

・またSSD(ソリッドステートドライブ)やSDカードなどのメモリーカードは、
 ケース本体とコネクタの部分が完全に一体化しているため、
 一度折れたり欠けたりすると一般個人では交換自体もできません。

 コネクタの金属部分に水滴が付着して錆が付いたり、
 焼損や高熱で歪んでしまうとやはり高確率で読み出しができなくなります。




・[コンパクトフラッシュ](CF)のようにケースに穴が開いているタイプの
 コネクタになっているメモリーカードの場合は、差込口に
 砂や埃、小さなゴミが詰まって接続時に異物が挟まる状態になると危険です。

・[スマートメディアやxDピクチャーカード]のように接続面の金属部分が
 一部むき出しになっている薄い形状の記録装置は特に、机の上に置いたまま
 長時間うっかり太陽光に当てられたりしないように常に安全に保管してください。

・[CD-RWやDVD-RW、BD-RE]等カートリッジで保護されてないディスクメディアは
 よく裏面の記録層にあたる部分に傷や汚れが付きやすくなります。

 少しくらいの細かい傷や付着物なら、市販のディスククリーニングキット
 (研磨機)できれいに洗浄すると、大抵はまた正常に読み込むことgできます。

 ですがあまりに深く大きな傷が付いたり、広範囲で落ちにくい汚れが付くと
 市販の研磨機ではすべて洗浄しきれない場合もあります。

・[MO、MD、FD]などカートリッジで保護されたディスク媒体も、
うっかりディスクを床に落としたまま足で 踏んだり体重で圧迫してしまうと、
ケースごと割れてプラスチックの破片で破損してしまうおそれもあります。

・他に、数千回〜数万回ものデータの書き込みの繰り返しで
 記録装置としての寿命を迎えて使えなくなる場合もあります。

 特にUSBメモリやMOなどはつい読み出し、書き込みの回数が多くなりがちで
 ある日突然理由がよくわからないまま読み込みできなくなる事があるので、
 バックアップをしていないままデータが読み込めなくならないようご注意ください。

・使わない時に保管している場所があまり機械類に良くない環境だと、
 経年劣化による故障が早まってしまう場合もあります。

 ある日に久々にHDDやメモリーカード、ディスクを読み込んでみたら
 なぜか開かなくなっていた、という事も実際によくあります。

貴重なデータは必ず、外付けハードディスクやDVD-Rなど
ある程度長持ちして丈夫なディスクメディア、またはクラウドサービスなどに
少なくとも二つ以上の媒体にバックアップを取ることが望ましいです。

ですが、もしバックアップを取っていない時に記録装置が破損しても、
例えばハードディスクの外側に付いているコントローラーが割れた時やUSBメモリ、
SDカードなどの接続面が壊れただけなら、まだ中身の円盤や記憶チップは
大抵の場合は無事で、USBカードリーダー/ライターなどで読み込むことができます。

外部に露出したプラグ等が一か所破損しただけでも一般個人では
中身のファイルの読み込み直しがほぼ不可能になる場合も多いです。

ですが専門のデータ復旧サービス業者に壊れた記録装置を提出して、
内部の閉じ込められたデータを抽出してもらうことで解決ができます。

 





故障の診断・検査 | IT関連
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-365.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.