データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【CDやDVDディスクが再生できない時の原因と復旧方法は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


CDやDVDディスクが再生できない時の原因と復旧方法は?
お使いのパソコンやオーディオ装置、ドライブ装置で『CD』(Compact Disc/コンパクトディスク)や
『DVD』(Digital Versatile Disc )のディスクメディアをお使いの際に、

ディスクに書き込まれているデータを再生しようとしたら何も出てこなかった、
またはひどく画像や音声がブレていたり、ザー・・・とした灰色または黒い画面しか
映らなくなってしまった時にはどうすればいい?というトラブルの解決方法について。


CD-RやDVDR/RW/RAMのフォーマットができない場合の原因は、DVDのディスクをどのように
使用するかによって対処方法も少し違うのですが、 外付けのDVD-RWドライブか、または
内蔵のドライブ本体がPC環境によってデバイスマネージャに認識できていない可能性もあります。

またDVD自体が書き込み禁止の設定になっていないかどうかも確かめてみてください。

まず、CD・DVDディスクの版面の方に問題が出ているか、あるいはCD・DVDドライブなどの
再生装置の方のどちらに問題が出てしまっているのかを確認する必要があります。

試しに別のディスクを再生、またはデータの記録をしてみて、
問題がなければ、ドライブ装置などのハードウェアの方には異常はないでしょう。

※ですが、他のコンピューター装置で特殊なデジタルデータを書き込みしたり
フォーマットを掛けたCDディスクの場合は、別のコンピューターでの
フォーマットの形式やファイルの互換性がないために再生ができないといった例外もあります。

CD-RWやDVD-Rのディスクも数十回~数百回~と重ねがけて再生や書き換えを繰り返していくと、
摩擦による劣化や摩耗、汚れの蓄積などで次第に読み込みに不具合が出てきます。

そのため、CDやDVDやブルーレイといったディスクメディアは、
長期間での書き換えでの使用にはやや不向きなデータ記録媒体でもあります。

また、強い湿気や水気により版面が傷んでしまったり、日光や高温、低温、磁気に
さらされてしまうと製品の寿命が短くなるため、保管場所には十分に注意してください。




CDやDVDディスクに細かいキズや汚れが付いて増えてくると、読み込みができなくなってきます。

市販のディスククリーニングキット(研磨機)を掛けてみると、
ある程度までの損傷ならきれいに除去して修繕できます。

内蔵・外付けのCD/DVDドライブ装置本体の方もしばらく使っていると、
ディスクの出し入れ口にゴミや塵、埃が付着して再生に支障をきたすケースも起こりえます。

そんな時には、電気店などで販売されていますクリーニングセットや、
クリーニングディスクの製品を入れて、掃除をされてみる事で修理ができます。

メーカー指定のクリーニング用ディスクでしたらなお、お薦めです。

また、トレイの開閉ボタンを押してもディスクが出てこない、という場合は、
細い針などでイジェクトボタンを押してみてください。

これらの方法でも読み込みが直らない場合は、パソコン本体やドライブ装置に
問題が出ている場合はカスタマーサービスの保証サポートや修理専門店に
持ち込みをされて診てもらわれる事をおすすめします。
(機器の内部は精密機器なので自身での分解はお薦めできません。)

またCDやDVDディスクの方に問題があって、中身に替えの効かないデータが
保存されているけど読み込みがどうしてもできない、という場合には、
専門のデータリカバリーセンターに出して修復してもらわれる事もお薦めします。

 





CD-R/RW | ハードウェア
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-353.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.