データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【iMac アイマックの内部ファイルを救出したい時は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


iMac アイマックの内部ファイルを救出したい時は?
iMac(アイマック)とは、1998年8月からApple社(アップルコンピュータ)より
発売が始まった、モニタ一体型のコンシューマー向けMacintoshパソコンで、
ノートパソコンのMacBookと対になるようなディスプレイ一体型の機体が特徴です。

アイ・マックの種類
  • iMac G3
  • iMac G4
  • iMac G5
  • Intel Core Duo Early2006
  • Intel Core 2 Duo Late2006・Mid2007・Early2008


年々スリム化・バージョンアップを重ねてき、近年のIntelCore2 Duoプロセッサ
最大3.06GHzでなおかつ標準メモリの容量も向上され、MacOSX LeopardとiLife08も
搭載されています。


MacPCのデータ救出



iMacの電源が突然入らなくなったり、OS画面が開かない、といった不調が
起きてしまった時はMacデスクトップパソコンと同じくアップルサポート
MacPCの修理サービスセンターにて、故障の修理を依頼する事ができるのですが、

内部データのみとりあえず取り出したい、
うっかり削除や上書きしてしまったファイルを復元させたい、
といった場合にはデータ復旧サービスの方へご依頼をされる必要があります。

もちろんMacパソコンと同じくiMac内部のデータ復元も可能です。




誤ってファイルを削除した時にはまず、Dockにある「ゴミ箱」を開いて、
そちらのフォルダーに移動されていないかチェックします。

Mac OS Xの標準機能である「Time Machine」(タイムマシン)を事前にセットアップして
外付けハードディスクなどの場所に自動更新でデータをバックアップしたり、

iCloud(アイクラウド)のオンラインストレージサービスに、
アップルのアカウント登録時に一緒に登録して、予備データを自動で
送付するように設定しておくと、いざという時のデータの回収に役立ちます。


内蔵ディスクの取り出し



アイマックの重い本体を郵送や持込みで運び込まずとも、
内蔵のハードディスクドライブを取り出して郵送する方法もあります。

アップルストア

しかし、あまりパソコンの分解や組み立てに慣れていない方は控えて
修理サービス業者の方に取り出しを任せた方が安全です。

現在の段階ではまだMac専用のサポートサービスはWindowsの方に比べると少なめです。

えすが、全国各地、特に東京都などの都市圏にはMac製品の復旧サービスを実施されている
PCサポート会社が数多く存在します。

また、郵送で受け付けられているサービスも多くあります。

もちろん遠い地方にお住まいの方も郵送にて修復依頼を注文する事が可能で、非常に便利です。

 





Macintosh | Mac
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-344.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.