データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ディスクデフラグで最適化に失敗してデバイスが認識しない時は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ディスクデフラグで最適化に失敗してデバイスが認識しない時は?
Micorosoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のOSの機能の一つであるディスクデフラグツール
(ドライブの最適化とデフラグ)を実行した際に、外付けハードディスク、またはメモリーカードや
増設したドライブ最適化に失敗して、パソコンからデバイスとして認識しなくなった場合、
どのような方法で外付けハードディスクなどのデータを復旧させることができる?というご質問について。

まず、デバイスが認識される可能性のあるパターンと修復の方法を紹介します。

ファイルシステムのエラーが発生している可能性があるため、
そこで「chkdsk」(チェックディスク)を実行することで読み込みができる時もあります。

chkdsk

「スタートメニュー」→「ファイル名を指定して実行」(または「ここに入力して実行」)
→「cmd」と入力して、コマンドプロンプトを右クリックで「管理者として実行」で開きます。

「chkdsk g:」(対象のボリュームのアルファベット)と入力すると、
チェックディスクの機能が動いてファイルシステムのエラーチェックと修復が行われます。




エラーチェック


パソコンの増設HDDや外部データ記憶装置からまだデバイスが認識しない時は、Windowsの
エクスプローラーの画面で対象のボリュームのアイコンを右クリックして、プロパティ画面を開きます。

「ツール」のタブにある「チェック」と「最適化」を実行します。

また、コントロールパネルのデバイスマネージャーを開き、ディスクドライブの項目にあるデバイス名を
右クリックして、「デバイスのアンインストール」を実行してからパソコンを再起動して再度接続します。

デバイスのアンインストール

また、別の外付けハードディスクケースに取り代えてPCに繋げたり、
別のメーカー製のWindowsパソコン本体やMacパソコンに接続すると
HDDがデバイスに認識されて、データの移し変え作業ができる可能性もあります。

ちなみに、データ復元ソフトウェアはエクスプローラーで正常に開かない状態までなら
まだ使用できる見込みはあるのですが、ハードウェアがデバイスマネージャーや
BIOSに認識されていない状態では実質、使用できる可能性は低いです。

どうしても外付けHDDが開けない場合や、ハードディスクドライブやメモリーカードが
物理的に故障していてソフトウェアやファイルが使用できない時は、
専門業者のデータリカバリーセンターの方にて、お問い合わせをされてみてください。

 





デバイスが認識しない | パソコンサポート
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-327.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.