データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【アプリケーションソフトウェア・プログラムの障害を防ぐには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


アプリケーションソフトウェア・プログラムの障害を防ぐには?
パソコンのアプリケーションソフトウェア(Application software)を起動している最中に
下記のような動作上のトラブルが発生する場合、どうすれば防止できる?という疑問について。

・すぐフリーズして一時的に止まってしまう。
・動作が極端に遅く(重く)感じられる。
・いきなり電源が落ちてしまう。
・突然再起動してしまう。
・画面がフリーズしてマウスやキーボードが操作できなくなってしまう。
・エラーメッセージが表示されてアプリケーションが強制終了してしまう。


といったエラー障害に頻繁に遭われてしまわれる方も大変多いかと思われます。

InternetExplorer(インターネット・エクスプローラー)やPhotoshop(フォトショップ)、
コンピューターウイルスの検知、ディスククリーンアップ、ディスクデフラグ、
Microsoft Office、Windows Media Player
などの重いプログラムを
起動させている時に特によく発生してしまうアクシデントです。

これらのアプリケーションエラーが頻繁に起こってしまわれている場合は、
プログラムの仕組みではなくPCパーツであるCPUの情報処理能力(性能)が低い場合があります。

また、メモリの仮想データ保存の許容量(MB~GB)、
ローカルディスク(Cドライブ)の空き容量が少ない事が原因である場合が多いです。

割り当て

特に近年に発売された各ソフトウェアの最新バージョンやアップデート版は
十分に安定して稼動させるために高いスペックが要求されます。

そのため、数年前以前に購入されたPC本体やパーツでは処理能力が追いつかない事も頻繁に起こります。

またビデオカード(グラフィックカード)など、スムーズにプログラムを
読み込むためのパーツが必要な場合もあります。




なので、どうしてもパソコンのアプリケーション上で読み込みが遅かったり
すぐフリーズして止まったりして操作に不満を感じられる場合は、
思い切ってより性能の高く自分の用途に合ったパーツへのカスタマイズを依頼して、
PCのメモリやCPUなどの部品の交換修理に出されてみると、一気に改善ができます。

あるいは、新規にパソコン本体を購入されてみるのがエラー解決への近道です。

スペックの高いパソコンを使っていてもなおエラーがよく起きてしまう場合、
ダウンロードしたアプリケーションにバグなどの問題がある可能性もあります。

またはグラフィックカードやNET FrameworkなどがPCに入っていないため
読み込みに支障が出ている可能性もありますので、動作環境を十分にご確認ください。

もしも急な物理障害や論理障害が起こって、その影響でファイルが消えてしまったり
ハードディスクが故障して読み込みできなくなった場合は、専門のデータ復旧業者に
問い合わせをして、データ救出の措置を依頼されて診てもらわれることをおすすめします。

 





プログラムが開けない | アプリケーションの障害
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-324.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.