データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【過去に削除していたメモリー内部のデータも修復できる?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


過去に削除していたメモリー内部のデータも修復できる?
USBフラッシュメモリーカードやSDカード、DVD-R、MO、フロッピーディスクなどの
外部接続型の記憶メディアは遠くにある社内パソコン同士で必要な分のファイルを移動したり、

デジタルカメラやネットワークドライブ、オーディオプレイヤーで保管したデータを
カードリーダーや専用アダプターを通してパソコンに移し変えたりするのに大変便利です。

しかしその分、使っていくうちに何十回、あるいは何百回、とデーターの書き込み・消去を
繰り返していくので保存機器の中でもかなりメモリー内部の移送の状況が多い媒体となります。

ずっと前に記憶していた過去の画像ファイルやダウンロードツールをある日
無くしてしまい、USBカードあるいはSDカードを探してみても以前に消してとっくに
他のファイルと入れ替えてしまっていた、という経験がある方も多いかと思われます。

そんな時はどうすれば一度消したデータを復元できる?という疑問について。




まずは新しい写真の撮影でデータを上書きせずにすぐにSDメモリーカードを
本体から抜いて、USBカードリーダーでパソコンに読み込ませます。

次にPCにデータ復元ソフトウェアをインストールし、ツールを起動してスキャンをします。

または専門のデータ復旧サービスに提出して診てもらう方法が有効です。

一度消したデータはファイナルデータなどのソフトウェアをPCから読み込んで
使用すれば、削除して間もないファイルでしたら大抵は自分でも復活させる事ができます。

しかし一回以上すでにデータ移行で上書きしてしまったらそこから先が成功率が下がってしまいます。

上書きした回数が多いほど以前のファイルは完全に抹消されていき痕跡が残らなくなるため数ヶ月以上前で
すでに何十回も書き出しを繰り返したメモリーカード内の古いデータなどは復旧率が下がってしまいます。

そんな時はむしろあまり上書きを繰り返していないハードディスクドライブ
(ローカルディスク)に記録していた方の痕跡から復元を試みた方が成功率は比較的高いです。

やはり専門のデータ復旧センターでしたら、より復旧の見込みが高くなりますので、
メディア媒体を預けてファイル救出の診断を行ってもらうと良いでしょう。

 





消去した拡張子を直す | データ消失
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-316.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.