データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【HDDの空き容量が埋まりすぎると障害が起きやすくなる?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


HDDの空き容量が埋まりすぎると障害が起きやすくなる?
パソコンをずっと使っていくと、ハードディスク(パーティションのCドライブ)の
容量が、新しいプログラムのインストールや新規作成ファイルの保存といった
作業でだんだんと空き容量の部分が埋まって減っていきます。

HDDの全容量が20GBくらいだと、あっという間に満杯になってしまいますので、
購入時に容量の出来るだけ大きいHDDに設定を注文される事をおすすめします。

理想的には、常に空き容量の部分が全体半分以上残っているのが最適です。

残り容量のチェックは『マイ コンピュータ』にある『ローカルディスク(C;)』の
アイコンを右クリックする事でチェックできます。

ローカルディスク内の残り容量が埋まってしまうと、パソコン動作が
全体的に重く、遅くなってしまったり、プリンターの一時書込みキャッシュが
不足して動作が効かなくなる、など一部の機能が働かなくなってしまいます。

また動画やDVD視聴の際にムービーが急に止まってしまったり、
ウイルス検索などハードウェア動作の重くなるような作業を行っている最中に
フリーズが起こってパソコンごと作業が止まってしまったり、作業中の
データが壊れてしまうといった大変なエラーが出てしまう場合もあります。




パソコンは基本的に容量を軽くした方がスムーズに動きますので、あまり
HDD内に詰め込み過ぎずに、定期的にローカルディスクの空き部分も
チェックされてみる事をおすすめします。

しかしすでに空き領域がほとんどなくなり、パソコン動作が非常に重い場合は
すぐにDVD-RWやMO、ポータブルハードディスクなどのUSB機器を接続して、
データの移し変えを行い、空いた部分のスペースを増やしていきましょう。

またその後で更にディスククリーンアップやディスクデフラグツールで
Cドライブ全体を整理されるとなお良いです。

ハードディスクに異常が出て読み込みが出来なくなった時は
作業を中断して電源を切り、すぐに専門のパソコンサポート店または
データ復旧サービス業務店にて診てもらいましょう。

 





ハードディスクドライブ | トラブル
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-297.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.