データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【TeraStationでフォーマットしたHDDのデータを修復】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


TeraStationでフォーマットしたHDDのデータを修復
BUFFALO(バッファロー)から販売されていますネットワーク接続ハードディスク『NAS』の
TeraStation.』(テラステーション)を使用中に、WEB設定画面などから誤って
「フォーマット」をかけて初期化してしまい、保存していたファイルが消えてしまったため
後から以前のデータを修復することはできる?という疑問について。

テラステーション本体

まず、ハードディスクなどの補助記憶装置からフォーマットなどで消去したデータは
すぐには完全には削除されず、コンピューター画面の表示上では消えていても、
まだ「セクタ」の領域にファイルの「痕跡」が残っています。

この痕跡データは、新しくファイルを上書きしていくと徐々に消えてしまい、
共有する複数のコンピューターでのファイルの保管などに使うネットワークドライブは
使用環境の面で特にそのリスクが高いため、ひとまずは電源を止めて使用を控えて注意してください。

まだストレージ内に残留している「痕跡」を読み取る作業を実行する事で、
フォーマットで削除してしまったデータを復元できる見込みがあります。

ですがNASはパソコンのフォーマットで使われていないため、多くの場合、個人では少し難しく、
また確実でもないため、基本的にはプロのデータ復旧サービスに注文をされることを推奨します。




しかし、TeraStationやLinkStationは普通の外付けハードディスクやUSBメモリーと違い、
「XFS」というジャーナリングファイルシステムによってHDDのフォーマットが行われます。

そのため、パソコンの標準機能では通常、ネットワークでのアクセス以外では
中身のファイルを読み込む事ができず、多くのアプリケーションの機能も適用ができません。

フォーマット

そこで、NASで使用されているハードディスクのデータを、WindowsやMac OS Xで
フォーマットし直す事なく読み取りができる、特別な専用の「データ復元ソフトウェア」の
アプリケーションを新しくパソコンにインストールして、作業を行う必要があります。

(※このページの実例では、「復旧天使」というソフトウェアでの手順を解説いたします。)


ハードディスクをパソコンに移し替え


注※ここから先の作業を個人で行われる際には、必ず自己責任の下でお願いいたします。
 無難に進めたい場合には専門業者のデータ復旧サービスへの注文をおすすめします。

まず、テラステーション本体のカートリッジの鍵を開けてハードディスクを一台取り出しします。

HDDを金具のマウンターから螺子を外して取り外します。

次に、そのハードディスクをデスクトップパソコンのケースの空きのドライブベイに増設、
または外付けハードディスクケースやUSB変換ユニットに差し込みます。

外付けHDDケースに取り付け

パソコンを起動して、デスクトップ画面を立ち上げて読み取りします。

(※Windowsの場合、「フォーマットしますか?」という画面が出たら
 うっかり「はい」を押さずに、「いいえ」を押すかバルーンを閉じてください。)

フォーマットしますか?

購入した『SysDev Laboratories Japan』のデータ復元ソフト「復旧天使」をインストール・セットアップします。

(最初は試用の体験版だけ先にインストールして、初期化で消えたファイルが修復できるか
 確認する、という方法でも大丈夫です。)

復旧天使のソフトを開くと、まずデータストレージとボリュームの一覧が出てきます。

グリーンのマークが付いた、[SGI XFS パーティション]と書かれた、
TeraStationのハードディスクの名前に該当する項目を選択します。

画面の右上にある「復旧」(このパーティションでファイルを復旧する)をクリックすると、
ドライブのスキャンが開始されますので、数時間ほどの間、しばらく待ちます。

復旧の開始

作業が終わると、HDDから検出できたフォルダーの一覧が表示されます。

「LostFiles」や「Forder」などの項目を開くと、スキャンに成功したファイルの一覧が
表示されますので、その中で必要なデータを探して順に選択します。

スキャンの結果

「コピーして保存」を押して、パソコンか外部記憶デバイスの領域を選んで、保存をします。

そして、復元先のフォルダーをエクスプローラー(Mac OS Xの場合はマイファイル)で開いて、
データがすべて正常に表示できれば、フォーマットからの修復の作業は無事、完了です。

しかし、個人でデータ復元ソフトで行う場合、一部の消えたファイルが検出できなかったり
拡張子が破損している状態で復旧されているケースも出てくる事があります。

上記のように、なるべく確実に大事なファイルを修復したい時には、
プロのデータ復旧サービスに任せて作業を行ってもらう方が安心です。

業者によってはパソコンのみ、など特定のハードウェア専門のサービスで、
NAS関連のデータ記録媒体は取り扱われていないサポートセンターもあるのですが、
ネットワークストレージ媒体の復元を実施されているデータ復旧業者も数多くあります。

テラステーションからの復旧の受付も承られているかどうか、
持ち込みや郵送の前に必ず、連絡先に詳しくお問い合わせなどで事前にご確認ください。

ほかにファイルを復元したいけど放置していたHDDやメモリーカードもお持ちでしたら、
一緒にまとめて専門のデータ復旧サービスで磁気ディスクからのファイルの取り出しや
壊れたデータの修復を行ってもらわれる事もおすすめします。

 





TeraStation | フォーマット
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-28.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.