データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【水没で故障したデジタルカメラからデータ復旧を行うには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


水没で故障したデジタルカメラからデータ復旧を行うには?
普段お使いのデジタルカメラやビデオカメラをうっかり水分に浸けてしまった場合、
内蔵フラッシュメモリや差し込みしたSDカードなどに影響を与えないために、
どうすれば安全にデータ復旧などの対処ができる?という疑問について。

コンパクトカメラ

主なトラブルの事例


・ポケットからの出し入れなどの際に水たまりに落としてしまった。
・コーヒーやジュースの入ったコップやペットボトルをデジカメ本体に倒してしまった。
・うっかり洗濯物と一緒にコンパクトカメラを洗ってしまった。
・洗面器や浴槽の中に落としてしまった。
・豪雨に打たれて鞄の中に雨水が浸透してデジタルカメラまでずぶ濡れになってしまった


こういったトラブルで浸水したデジタルカメラはどうなるのか?という問題について。

まず、CanonやSONY、富士フィルムなどの各メーカーで販売されています
耐水性能を備えた防水機能付きの一部のデジタルカメラならまだ安心です。

しかし耐水用に作られていない多くのカメラ製品は、一度完全に水に浸かると
SDカードやイヤホンの差込口、接続面などの微細な隙間から
水分が浸食してしまい、多くの場合で何らかの故障を起こしてしまう可能性があります。

表面が少し濡れたくらいであればすぐに拭き取るくらいで問題ないのですが、
水没させてしまうと自然乾燥では水分を完全には除去できず、
精密機器の内部に錆やショート、曇りといった故障を起こすおそれもあります。




特にジュースやコーヒー、海水など、成分が含まれている水分の場合は
電流による精密機器の焼き焦げといったおそれが出てきます。

まず、電源が入っていた場合はすぐにオフにして、SDメモリーカードも抜いてください。


はじめのうちはまだ正常に動作できても時間が経つにつれて高い確率で
機能に異常が発生してくる可能性もあります。

全て水分を拭き取って乾燥していてまだ正常に起動できる、という場合は、
もし内蔵フラッシュメモリやHDDににまだバックアップしていないデータがあれば、
出来るだけ手早くSDカードにうつしかえたり、パソコンにUSBケーブルで繋げて
写真や動画ファイルのバックアップを行いましょう。

できればすぐにカメラショップの窓口か修理センター、または各地の
データ復旧センター」に問い合わせて、水没したデジカメ本体を提出して
プロの技術と設備で中身のデータの移行を行ってもらうのが安全です。

防水機能がないデジタルカメラを一度水没したままずっと使い続けるのは
いつ完全破損したり焼き焦げ、中身のバッテリーからの有害物質の漏えいなど起こしても
おかしくはなく逆に危険なので、必ず近いうちに買い替えを行うべきです。

 





デジタルカメラの写真画像 | デジタルカメラ
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-276.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.