データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【HDDレコーダーから削除したデータを復元するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


HDDレコーダーから削除したデータを復元するには?
デジタルオーディオでのビデオムービーの保存や音声の録音といった用途で使う装置
ハードディスクレコーダー』 [Harddisk recorder・HDR]を日々使用している際に、
録画して保存していたムービーのファイルを誤って「削除」や「初期化」の動作で
消去してしまった場合は、どうすればHDRのデータを復旧できる?という疑問について。

ハードディスクレコーダー

まず、そのHDレコーダーの製品で「データの自動的なバックアップ」の機能などが存在していて、
その設定がオンになっているかどうか確かめてみてください。

もしバックアップファイルが定期的に作成されていて、どこかの領域に保存されていれば、
そちらから引き出して再生できます。

やはりバックアップデータがなかった場合は、ひとまずそれ以上新しいファイルが
ハードディスクに上書きされないように、録画などは一旦控えてください。

ハードディスクは見たところ壊れてはいないようで、
これまでに録画して撮り貯めていたのデータが消えたため復元したい、という場合、

レコーダー内蔵のHDDさえ故障していなければ、元に戻せる確率は高いです。

まだ閲覧をしたい録画データを、リモコンからのメニュー操作などで間違えて
一括消去してしまったら、HD/DVD/BDレコーダーにはパソコンのように
自動バックアップ機能が豊富に搭載されているというわけではありません。

また、BD・HDDレコーダーに録画したものを誤操作で消してしまったあとでは、
電源を切ってケーブルを抜いても、削除操作を行った後ではそのままでは元に戻りません。

そのためお取り扱いの解説書を見ても特に復活操作の項目が見当たらなかったら、
レコーダー本体か、またはハードディスクをデータ復旧サポートセンターに
持っていって、状態を診てもらわれるのが一番無難です。

ムービーのデータ消去後に別のデータを後から録画してしまうと、前にあったデータの痕跡が
高確率で上書きにより消えてしまいますので、できるだけすぐに直してもらうことをお薦めします。

個人で行ってみる場合には、こちらの実例では、ネットワークカメラ用のハードディスクレコーダーに
搭載されている3.5インチサイズでS-ATA方式のハードディスクを本体装置から取り出して、
Windows8.1のパソコンに接続して、消えたファイルを復元した時の手順を解説していきます。


内蔵HDDの取り外し


まずはハードディスクレコーダーの電源をシャットダウンして、全てのコードを取り外します。

次に、ケースの全面を一通り見て、どこのネジやカバーを取り外せば
内蔵のHDDを取り出しできるかを目視で確かめます。

製品に同梱されている取扱説明書などに、
ハードディスクの交換の仕方がどこかに書かれていないかどうか確かめてみてください。

ケースのカバーを開けるのに必要な分だけの固定ネジを、ドライバーで回して外します。

レコーダーの製品によっては、シールで隠れていて気づきにくい箇所に螺子がある事もあります。

カバーを開けたら、中身のマザーボードに付いている電源ケーブルとS-ATAケーブルを
ハードディスクから取り外します。




次にハードディスクドライブを固定している螺子を取り外して、本体から分離します。

取り外したハードディスクを、今度は外付けHDDケース」か「HDD変換ユニット」に差し込みます。

HDDの分離

USBケーブルを通してWindowsパソコンに接続してリムーバブルディスクとして読み取ります。

すると外部デバイスが認識された時の音が鳴るのですが、
レコーダーなどの機器とWindowsのフォーマットが違うためにエクスプローラー画面からでは
内部のファイルやフォルダーが読み込みできない場合が多いです。

ですが、BIOS画面やディスクの管理画面ではしっかりとボリュームが読み込まれています。


データ復元ソフトでスキャン


レコーダーに使用していますHDDの場合でしたら、
個人でデータの復元作業を行う場合には少し出費と手間がかかります。

まず、ハードディスクを本体から取り出しして、お使いのパソコンの 空きのドライブベイに増設するか、
外付けHDDケースに差し込みして USBケーブルから外部記憶デバイスとして接続します。

ですがレコーダーなどの電子機器に使われていますハードディスクは多くの場合、
フォーマットの形式が異なるため、そのままではデータの読み込みができません。

レコーダーの解説書かヘルプ、「ディスク管理」などのメニューなどで、フォーマットの形式を確認します。

次に、データ復元ソフトウェア「復旧天使」の製品を、
そちらのジャーナリングファイルシステムの形式に対応された商品を購入します。

※対応されていないフォーマットの製品もありますので先に必ずご確認ください。

こちらをインストール、セットアップして、手順に従いハードディスクのドライブスキャンを行って、
削除したデータを復元できる見込みがあります。

ですが、個人で行う方法なので、確実に指定の映像ファイルが回復できるとは限りません。

※より確実には、やはりレコーダーのHDDからのファイルのリカバリーに対応されています
 データ復旧サービスへの注文をおすすめします。

(※こちらの一例では、株式会社ジャングルより発売されているデータ復元ソフト
完全データ復元PRO13』をWindows8.1のOSのパソコンにインストールして
 ハードディスクをスキャンした場合の手法について紹介いたします。)

データ復元ソフトでも多くのものはWindowsのエクスプローラーで通常認識できない
ハードディスクの読み込みはできないのですが、『完全データ復元PRO13』の場合は
認識されて、スキャンを掛けることができます。

(最初はまず試用の体験版を入手して使い、失ったファイルの検出ができるか確かめて、
 それから製品版を購入されて復元作業に取り掛かる事もおすすめします。)

まずは完全データ復元PRO13を起動して、最初に「HDDディスク」を選択して「次へ」をクリックします。

完全データ復元PRO13

「スキャン対象ボリュームの選択」に画面で、検出できたドライブの一覧から
レコーダーで使っていたハードディスクを選択して「次へ」を押します。

ボリュームの検出

「ゴミ箱から削除した場合」を選んで「次へ」を押します。

削除した後の修復

もう一度「次へ」を押すと、スキャンが始めります。

ハードディスクに録画している容量が大きいと、数時間~10時間以上かかる場合があるので、
しばらく自動的なスキャン作業に任せて待機します。

「消去済ファイルスキャンは終了しました。」と表示されたら「OK」を押します。

「ファイルの保存」の画面で、検出できたデータが拡張子ごとのフォルダーに分かれて
一覧になって表示されますので、各フォルダーを順に開いて必要なファイルを選択します。

ファイルの復元

選択をしたら上メニューの「保存」ボタンを押して、パソコンや外付けHDD、RAIDなどの
フォルダーに保存します。

保存

そして最後に、保存したファイルを確認して、
「Windows Media Player」(ウィンドウズ・メディア・プレーヤー)や[ビデオ]といった
アプリケーションで動画ファイルが正常に再生できれば、復元に成功です。

ですが、「プレイできません。このアイテムのファイル形式がサポートされていないか、
ファイル拡張子が正しくないか、ファイルが破損している可能性があります

といったエラーのメッセージが出て、破損した状態で修復されために再生できない事があります。

データが開けない

また、レコーダーのハードディスクのファイルが削除されてから時間が経っていると、
拡張子の残っていた痕跡が新しいデータに上書きされて、検出が出来ない可能性もあります。

元々、パソコン用に使用しているHDDではないため、データ復元ソフトを使う場合、
回復できる可能性が従来より低くなってしまう傾向があるため、あらかじめご了承ください。

より確実に失われたファイルを修復したい、という時には、
通常のメーカー先や購入した店舗での保障サポートでは、
HDDレコーダーやビデオカメラ内部に保管していたデータの復元までは対応されていません。

しかしデータ復旧センターならレコーダーの復旧サービスにも対応されている所が多く、
BSD系・Linux系・FAT32系といった各記録形式での復元作業も行ってもらうことができます。 

また故障したハードディスクからのビデオ映像の拡張子やフォルダの取り出しも受け付けてもらえます。

やはりベストな選択としましては、データ救出の専門業者の方に問い合わせて、
ハードディスクを持込みか郵送で提出して診てもらわれることをおすすめします。

 





ビデオカメラ動画の回復 | ハードウェア
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-271.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.