データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ハードディスクドライブに故障のクラッシュ音が鳴り出したら?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ハードディスクドライブに故障のクラッシュ音が鳴り出したら?
HDDクラッシュ』というコンピューター上の故障例をご存知でしょうか?

パソコンやサーバ、レコーダー、NAS、RAID、HDDビデオカメラといった
電子機器のデータ二次記憶装置である「ハードディスクドライブ」は、
長く使っていると製品の磨耗で内部の回路であるディスクの盤面に、

データの読み書きを行う「ヘッド」の部分が吸着してしまい、
読み取りに不具合が出る故障が起きる事が高い確率で発生します。


ハードディスクに異常が起こると、普段は出ない故障音が鳴る事が多く、
「カタカタ…」「キコキコ…」といった異音が鳴り出す場合があります。

そのような音が鳴りはじめるとHDDの内部の破損が始まっています。

そんな時、ハードディスクからおかしな音が鳴り始めたらどうすればいい?
という疑問について。


まず、他の電源ユニットやCPUファンの故障や埃詰まりなどの原因でも
変な音が出る可能性もあります。

しかし念のため、もしまだ何とかパソコンが起動できて
CドライブやDドライブが普通に開ける状態であれば、
「S.M.A.R.T.」などの機能を読み取るための
専用のアプリケーションをインストールして開きます。

そして内蔵されたハードディスクに異常が出ているか診断します。




またはドライブ装置を一旦パソコンのドライブベイから取り外して、
外付けHDDケースなど別の媒体に移し変えます。

そちらでもおかしな音が鳴っていたら更に要注意です。

物理障害・論理障害の故障の前触れや
製品としての寿命の一歩手前の不具合が検出されたら、
完全に故障する前に手早くデータのバックアップを行ってください。

もしその前に異音が鳴り出した時点か、
更にその前にすでにパソコンやHDDが動かなくなって
ドライブ装置の破損のサインを表すランプが点灯してしまったら、
ひとまず電源をオフにしてそれ以上のコンピューターの起動を控えます。


パソコンやサーバ、NAS、RAID、レコーダーなどの装置そのものは
他のパーツが壊れていなければ、新しいハードディスクを買って
故障した方と交換してドライブベイに搭載してください。

そして新しいドライブに再びオペレーティングシステムや
デバイスドライバを起動用ディスクからインストールしたり、
フォーマットやリビルドを実行すれば元通りに使えます。

異音が鳴り響いて故障してしまい読み込みできなくなった方のハードディスクは
それ以上無理に回転させ続けると破損が更にひどくなるおそれがあるので、
ひとまず装置から取り外したままにしてします。

そして後日「物理障害に対応されたデータ復旧サービス」問い合わせて、
持込みか宅配便にてHDDを丁寧に送付して、
保管されたデータを別の記憶媒体に移し変えてもらいましょう。

 





故障の診断・検査 | 急な故障をする前に、PCの事を知っておきましょう
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-270.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.