データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【パソコンの故障を修理するか、買い替えるかは価格次第?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


パソコンの故障を修理するか、買い替えるかは価格次第?
日々お使いのデスクトップパソコンやノートパソコンの本体がある時 突然、
故障してしまう要因には、パーツの破損やエラー障害などによって様々なケースがあります。


・ハードディスクドライブのクラッシュ障害。
・電源ユニットの焼き焦げ。
・パーツ同士の接続不良。
・加熱によるフリーズやファンの負荷によるCPUの損傷。
・物理的衝撃による精密機器へのダメージ。
・ノートパソコンに液体をこぼしてしまいショートしてしまった。
・コンピューターウイルスの感染。
・誤ったシステム削除やカスタマイズによる論理的な動作不良。
・各パーツの差込プラグが折れてしまったり捻じ曲がってしまう。
・長年の使用によりハードウェアとしての寿命が来てしまう。


パソコン自体は、専門の修理サービスに出して診てもらうとで直せる場合が多いです。

1年(3~5年)の保証サポートの期間内であれば、
いざという時にはメーカー先のカスタマーセンターに預かってもらう事をおすすめします。

しかし保障期間外であった場合は、すべてのトラブルの場合で有料になり、
パソコン修理の注文にある程度の料金がかかります。

故障の具合によって価格も違ってくるのですが、
まだあまり使っていない比較的新しいPCであれば、問題の度合いも軽くて済む場合があります。

私設の専門業者の方で有償の修理を申し込むのも良いでしょう。




しかし、もう数年~10年以上と、だいぶ長い事使っていて
コンピューターとしての寿命が近くなっているパソコン本体であった場合や、

またメモリやCPU、HDD、マザーボード、ビデオカードなどのパーツが
最近の新しいパソコンに比べてスペックや動作速度が大きく劣るものであった場合は、

思い切ってそのPCの修理は一旦取りやめて、新しいパソコン本体に買い換えて
そちらで使用を再開されてみるのも良いかと思います。

修理と買い替え、どちらが良いか判断する境界線を決めるのもやはり時として重要な要素ですね。

ですが、故障した方の古いパソコンも、予備のマシンを一台以上持っておかれると
新しい本体が壊れてしまった時に一時的な代用として安心なので、
余裕がありましたら修理をして、廃棄せずに取っておかれることもおすすめです。

しかしデータ記憶装置であるハードディスクドライブの方が、中身のデータのバックアップができていないうちに
故障してしまった場合は、パソコン自体はHDDを交換してOSをインストールし直せば直せるのですが、
かわりに前のドライブ内部のファイルなどが開けず閉じ込められたままになってしまいます。

その際には、パソコン本体から一度壊れたHDDを取り外して、データ復旧サービスセンターに
提出をされてみて、貴重なファイルを取り出ししてもらわれることをおすすめします。

 





コンピューター修理 | パソコン関連お役立ち情報
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-266.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.