データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ストレージから全データを丸ごと消去した後でも復元できる?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ストレージから全データを丸ごと消去した後でも復元できる?
ハードディスクドライブやCD-RW、DVD-RW、MO、RAID、USBメモリーカード、SSDなど
データの記憶装置やパソコン本体、コンパクトメディアに保存されている
数百、数千、数万個~のファイルを、間違えてクイックフォーマットを掛けたり、
リカバリー(リセット)の操作で初期化したり、すべて選択して削除してしまった時、

まだ必要だった替えの効かない重要なデータが大量に含まれていて、
もう一度、消してしまっていたファイルを全て復元する事はできる?という疑問について。

まず、WindowsパソコンのエクスプローラーやMacintoshパソコンのマイファイルにある
フォルダーや、複数選択をしたファイルをまるごと削除した場合は、
ゴミ箱のフォルダーに一時的に移行しますのでそこから復旧ができます。

また、ウィンドウズの[ファイル履歴]やマッキントッシュの[TimeMachine]などの
ファイルの復元プログラムを用いて、特定の領域の全データはが丸ごと復旧できます。

フルバックアップソフトやクラウドストレージのサービスを使うなど、
データのバックアップ作業を行うことはセキュリティの面でもに非常に重要な作業です。




TeraStationやLinkStationなどのNAS製品や、インターネット上のウェブメールのサービスにも
ゴミ箱のフォルダーがあります。

ゴミ箱の移行できないフォルダーにあるデータ(Windowsで使う外部記憶装置など)や、アプリケーションの
プログラムをアンインストールした時は、ハードディスクのゴミ箱の内部にファイルが残らない仕組みです。

その際には、『ファイナルデータ』や『Superファイル復活』などのデータ復元ソフトをセットアップして、
ストレージにスキャンを掛けて、ある程度の数のファイル呼び戻しを実践できます。

ですが、消去されたファイル名をすべて元通りに復活させることができるとは限らず、
特にかなり時間が経っていて新しい拡張子を上書きしていた場合は、
必要な全部のデータを復元する事は難しくなる場合も多いです。

そのため、数百個以上の大量のファイルの抹消作業を行ってしまうと
一般個人でのデータ復元ソフトからの復活での作業では拾いきれないもあります。

やはり、専門で営業されています、専門業者のデータ復旧サービスセンターに
問い合わせて、診断を受けて、修復を行ってもらわれた方がより確実でおすすめです。

 





消去した拡張子を直す | データファイルの復旧・復元
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-264.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.